薬膳空間

 食を楽しむために

サーマルタイプ

ご自身に適したサーマルタイプをご存知の方は、サーマルタイプを選んでメニューを表示してみましょう。 サーマルタイプが何かよくわからないときはデフォルトのまま検索してみましょう。サーマルタイプが《FLAT》な食べ物が表示されます。ジャンルを選ぶと絞り込みができます。

サーマルタイプ

ジャンル

新しいメニュー選び

食べ物を選ぶときの最も基本的な条件はサーマルタイプです。

サーマルタイプは体を温める料理と冷ます料理の区別です。 どのようなサーマルタイプが自分のからだに合っているのか知りたい方はリンク先のページでサーマルコンディションを判定してみましょう。

このウェブサイトについて

TCMediCo が提供するこのウェブサイトは薬膳そしてインナーバランス・トリートメントを通じて人々が交流するための薬膳空間です。

TCMediCo は薬膳の進化形インナーバランス・トリートメントを提唱しています。 インナーバランス・トリートメントは現代医学の知見を取り入れ、長い歴史のある薬膳を現代のライフスタイルにフィットさせた薬膳の新しい形です。

単なる知識としての薬膳ではなく生活の一部としての薬膳を楽しみたい全ての人のためにこのサイトとインナーバランス・トリートメントがお役にたてますように。

薬膳的食材紹介

かぼちゃの画像

かぼちゃ

温性 補気 

補中益気:脾の働きを高め気を補う作用があります。病後の体力回復などに適した食材です。 かぼちゃの旬は秋から冬です。

かぼちゃの画像

かぼちゃ

補中益気:脾の働きを高め気を補う作用があります。病後の体力回復などに適した食材です。 かぼちゃの旬は秋から冬です。

たけのこの画像

たけのこ

涼性 補血 補陰 利水 化湿など 

滋陰養血:陰、血を補います。 清熱化痰:病理物質「痰」を除去します。 利尿通便:排泄を促します。 この他にも消食、明目、益気などさまざまな効能があるとされています。

たけのこの画像

たけのこ

滋陰養血:陰、血を補います。 清熱化痰:病理物質「痰」を除去します。 利尿通便:排泄を促します。 この他にも消食、明目、益気などさまざまな効能があるとされています。

はちみつの画像

はちみつ

平性 補陰 

滋養潤燥:からだに潤いを与える作用があります。

はちみつの画像

はちみつ

滋養潤燥:からだに潤いを与える作用があります。

にんにくの画像

にんにく

温性 理気 

行気消積:気滞を解消する作用があります。 さらに食欲増進作用があるとされています。 陰虚火旺、目・のど・口腔内の疾病がある場合は不向きな食材です。

にんにくの画像

にんにく

行気消積:気滞を解消する作用があります。 さらに食欲増進作用があるとされています。 陰虚火旺、目・のど・口腔内の疾病がある場合は不向きな食材です。

すいかの画像

すいか

涼性 利水 

清熱解暑:暑気を払います。 止渇利尿:渇きを癒し、尿の排泄を促進します。 スイカはからだを冷ます作用が強い食材として知られていますが、サーマルタイプを「平」としている文献もあります。

すいかの画像

すいか

清熱解暑:暑気を払います。 止渇利尿:渇きを癒し、尿の排泄を促進します。 スイカはからだを冷ます作用が強い食材として知られていますが、サーマルタイプを「平」としている文献もあります。

きゅうりの画像

きゅうり

涼性 利水 

清熱利水:からだの悪い熱を取り除く作用があります。

きゅうりの画像

きゅうり

清熱利水:からだの悪い熱を取り除く作用があります。

コーリャンの画像

コーリャン

涼性 補血 補陰 

滋陰養血:陰、血を補う作用があります。この作用により虚熱を改善します。 健脾和胃:脾、胃の機能を促進し、調和させる働きがあります。

コーリャンの画像

コーリャン

滋陰養血:陰、血を補う作用があります。この作用により虚熱を改善します。 健脾和胃:脾、胃の機能を促進し、調和させる働きがあります。

このサイトに情報をアップロードするにはユーザー登録をしてください。
ユーザー登録が済みましたら自己PRのほか食べ物などの情報をアップロードできるようになります。

登録されているメニュー

ヨクイニンあずき粥の画像

ヨクイニンあずき粥

お米には脾の働きを促進して気の生成を助ける作用があります。 ヨクイニンには湿を除去して脾の機能を高める作用があります。 あずきにも湿を除去する作用があります。 湿は脾の機能を妨害するので、湿が溜まって脾の働きが弱っている人に適したお粥です。 ヨクイニンが涼性なので全体で少し涼性になります。

栃尾の油揚げの画像

栃尾の油揚げ

一見すると厚揚げ豆腐のように見えるが実は油揚げです。 ネギとショウガが抜群の相性。 豆腐はもともと寒性の食べもの。油揚げにすることで体を冷ます作用を抑え、さらにネギとショウガで体を温める。今の季節に最高の組み合わせということになります。 功能は寛中益気、調和脾胃など難しいが、要するに胃腸をスッキリさせる働きがあるそうです。ついツマミを食べ過ぎる飲みの席で豆腐料理を注文すると悪酔いをせずに済むらしいです。

四紅補血粥の画像

四紅補血粥

気血を補うお粥です。 四紅は赤米、皮つきのピーナッツ、アズキ、ナツメです。

レバーとホウレンソウの粥の画像

レバーとホウレンソウの粥

粥というとさっぱりしたイメージですがブタレバーを使うと食べ応えのある一品になります。中国では定番の料理です。 この粥は美容薬膳に分類されることもあります。補陰補血の作用があるので肌の潤いを保つ働きがあるからです。 ただし陰が過剰にならないように他の食べ物との組み合わせに注意する必要があります。陰の過剰は湿の生成を招き美容には反って悪影響になります。

キュウリのたたきの画像

キュウリのたたき

利水のキュウリと理気のニンニクを合わせ、冷ます作用と温める作用を打ち消して寒熱の偏りがないように工夫された冷菜です。 気の巡りと水(津液)の巡りをよくして薬膳理論的に「詰まった感じ」をスッキリさせる一品です。

麻辣レンコンの画像

麻辣レンコン

レンコンは体を冷ます食材だが大量のラー油まぶして体を冷やす作用を殺している。 功能は補陰。体の潤いを保つので実は美容食でもある。

お仕事で使う

飲食店、食品・飲料の販売店またはメーカーを経営されている方の中で、このウェブサイトにお店メニューや商品を掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

薬膳的な評価が可能な飲食物であれば、一般ユーザーとして自由に掲載してくださって結構です。