薬膳空間

 食を楽しむために

サーマルタイプ

ご自身に適したサーマルタイプをご存知の方は、サーマルタイプを選んでメニューを表示してみましょう。 サーマルタイプが何かよくわからないときはデフォルトのまま検索してみましょう。サーマルタイプが《FLAT》な食べ物が表示されます。ジャンルを選ぶと絞り込みができます。

サーマルタイプ

ジャンル

新しいメニュー選び

食べ物を選ぶときの最も基本的な条件はサーマルタイプです。

サーマルタイプは体を温める料理と冷ます料理の区別です。 どのようなサーマルタイプが自分のからだに合っているのか知りたい方はリンク先のページでサーマルコンディションを判定してみましょう。

このウェブサイトについて

TCMediCo が提供するこのウェブサイトは薬膳そしてインナーバランス・トリートメントを通じて人々が交流するための薬膳空間です。

TCMediCo は薬膳の進化形インナーバランス・トリートメントを提唱しています。 インナーバランス・トリートメントは現代医学の知見を取り入れ、長い歴史のある薬膳を現代のライフスタイルにフィットさせた薬膳の新しい形です。

単なる知識としての薬膳ではなく生活の一部としての薬膳を楽しみたい全ての人のためにこのサイトとインナーバランス・トリートメントがお役にたてますように。

薬膳的食材紹介

だいこんの画像

だいこん

涼性 理気 化湿など 

化痰熱:病理物質「痰」の蓄積による熱証を改善します。 下気寛中:気の過剰な上昇傾向を抑制して気の巡りを改善します。

だいこんの画像

だいこん

化痰熱:病理物質「痰」の蓄積による熱証を改善します。 下気寛中:気の過剰な上昇傾向を抑制して気の巡りを改善します。

じゃがいもの画像

じゃがいも

平性

健脾利湿:じゃがいもの功能は健脾利湿です。脾の機能を高めるには最適の食品です。 寛腸通便:便秘解消作用もあります。 利水消腫:むくみ解消の効果も期待できます。 現代医学の観点からは、寛腸通便と利水消腫はじゃがいもに含まれる食物繊維とカリウムの作用だと言われています。 健脾は漢方独特の概念なので理解しづらいですが、消化器系の働きを助ける働きだと考えればよいでしょう。

じゃがいもの画像

じゃがいも

健脾利湿:じゃがいもの功能は健脾利湿です。脾の機能を高めるには最適の食品です。 寛腸通便:便秘解消作用もあります。 利水消腫:むくみ解消の効果も期待できます。 現代医学の観点からは、寛腸通便と利水消腫はじゃがいもに含まれる食物繊維とカリウムの作用だと言われています。 健脾は漢方独特の概念なので理解しづらいですが、消化器系の働きを助ける働きだと考えればよいでしょう。

シナモンの画像

シナモン

温性 補陽 行血 

温腎壮陽:腎陽の不足による諸症状を改善します。 温中散寒:冷えによる腹部の諸症状を改善します。 温経止痛:冷えによる痛みを改善します。 この他にも活血作用があるとされています。このため冷えによる生理痛もブラスタによる生理痛も改善する作用があります。 量は最大でも5グラムまで。 次のような場合は控えたほうがよいとされています。  妊娠中の女性  痔  便秘

シナモンの画像

シナモン

温腎壮陽:腎陽の不足による諸症状を改善します。 温中散寒:冷えによる腹部の諸症状を改善します。 温経止痛:冷えによる痛みを改善します。 この他にも活血作用があるとされています。このため冷えによる生理痛もブラスタによる生理痛も改善する作用があります。 量は最大でも5グラムまで。 次のような場合は控えたほうがよいとされています。  妊娠中の女性  痔  便秘

びわの画像

びわ

涼性 補陰 

潤肺止渇下気:燥熱性の肺のトラブルを改善し、渇きを癒し、上昇性の気の過剰な動きを抑制します。

びわの画像

びわ

潤肺止渇下気:燥熱性の肺のトラブルを改善し、渇きを癒し、上昇性の気の過剰な動きを抑制します。

ざくろの画像

ざくろ

温性 補陰 

生津止渇:ざくろは温性ですが補陰作用がある食材です。ざくろの補陰作用は陽に拮抗して熱を冷ます作用ではなく、体に潤いを与える作用です。口や喉の渇きを癒す働きもあります。 収斂固渋:ざくろには収斂作用があるので出血性のトラブルや下痢などを改善する作用があります。 1日の適量は1個。 ざくろは果実だけではなく植物全体が漢方薬になる薬の木です。 例えば花には止血、葉には潤燥、皮には駆虫などの効能があります。どの部位にも共通して収斂作用があるとおぼえておけばほぼ間違いないと思って下さい。

ざくろの画像

ざくろ

生津止渇:ざくろは温性ですが補陰作用がある食材です。ざくろの補陰作用は陽に拮抗して熱を冷ます作用ではなく、体に潤いを与える作用です。口や喉の渇きを癒す働きもあります。 収斂固渋:ざくろには収斂作用があるので出血性のトラブルや下痢などを改善する作用があります。 1日の適量は1個。 ざくろは果実だけではなく植物全体が漢方薬になる薬の木です。 例えば花には止血、葉には潤燥、皮には駆虫などの効能があります。どの部位にも共通して収斂作用があるとおぼえておけばほぼ間違いないと思って下さい。

クコの画像

クコ

平性 補陰 

補腎益精:腎陰虚の諸症状を改善します。 養肝明目:肝陰虚の諸症状を改善します。 適量は最大12グラムです。 クコは薬膳にはよく使われる肝腎の陰を補う食材です。補陽とのバランスを考えながら用いるとよいでしょう。

クコの画像

クコ

補腎益精:腎陰虚の諸症状を改善します。 養肝明目:肝陰虚の諸症状を改善します。 適量は最大12グラムです。 クコは薬膳にはよく使われる肝腎の陰を補う食材です。補陽とのバランスを考えながら用いるとよいでしょう。

ヨクイニンの画像

ヨクイニン

涼性 化湿など 

健脾除湿:脾の機能を高め、湿を除去します。 清熱排膿:悪い熱をとり、膿の排出を促します。 漢方的には肌のコンディションを改善(イボ取りなど)するために使われることが多い薬です。一度に大量に食べても効果は期待できません。少しずつ長く続けることで効果が現れます。長く続けるにはヨクイニン粥がおすすめです。 なお中国では「孕婦慎用」とされていますから妊娠中の女性は気をつけてください。 ◆ヨクイニンと便秘 薬膳(漢方)理論によるとヨクイニンは便秘の人には向かない食材です。ヨクイニンは漢方的な意味での水分を減らす働きをもつ薬だからです。 水分(津液)が不足すると直接(津液不足)、間接(血虚便秘)に便秘の原因になります。ですから便秘の患者さんにはヨクイニンを用いないのが基本です。本によっては忌食とされています。 どうしてもヨクイニンを使いたいときは便秘を予防するための食材をブレンドするとよいのですが難易度が高いです。 現在便秘の人やヨクイニンを食べ始めてから便秘になった場合は体のコンディションに合っていません。

ヨクイニンの画像

ヨクイニン

健脾除湿:脾の機能を高め、湿を除去します。 清熱排膿:悪い熱をとり、膿の排出を促します。 漢方的には肌のコンディションを改善(イボ取りなど)するために使われることが多い薬です。一度に大量に食べても効果は期待できません。少しずつ長く続けることで効果が現れます。長く続けるにはヨクイニン粥がおすすめです。 なお中国では「孕婦慎用」とされていますから妊娠中の女性は気をつけてください。 ◆ヨクイニンと便秘 薬膳(漢方)理論によるとヨクイニンは便秘の人には向かない食材です。ヨクイニンは漢方的な意味での水分を減らす働きをもつ薬だからです。 水分(津液)が不足すると直接(津液不足)、間接(血虚便秘)に便秘の原因になります。ですから便秘の患者さんにはヨクイニンを用いないのが基本です。本によっては忌食とされています。 どうしてもヨクイニンを使いたいときは便秘を予防するための食材をブレンドするとよいのですが難易度が高いです。 現在便秘の人やヨクイニンを食べ始めてから便秘になった場合は体のコンディションに合っていません。

このサイトに情報をアップロードするにはユーザー登録をしてください。
ユーザー登録が済みましたら自己PRのほか食べ物などの情報をアップロードできるようになります。

登録されているメニュー

ノーファットポテチの画像

ノーファットポテチ

油を使わずに作るポテチなので薬膳的にはジャガイモと同じだと思います。 なので健脾利湿、利水消腫です。 ジャンルは「おかず」にしました。

ココナツミルクの画像

ココナツミルク

椰子の果肉部分がココナツミルクになります。 功能は清熱生津止渇です。

くこの鶏肉巻の画像

くこの鶏肉巻

補陰のクコを補気のトリ肉で巻いて作る気陰双補薬膳です。 気陰両虚の改善に最適です。 気陰両虚は食欲不振、食後の腹部の不快感、疲労、ドライアイなどの原因になります。こういう症状がある人は試してみてはいかがでしょうか。

決明子(ケツメイシ)茶の画像

決明子(ケツメイシ)茶

決明子は少し体を冷ます作用(清熱)があります。 余分な水を減らす水太り解消や便秘解消によるデトックス作用(利尿通便)もあります。ついつい水分を取り過ぎてしまう夏の薬膳茶として重宝します。 この他にも清肝明目という作用があります。これは目の働きをケアする働きです。やはり暑い季節の目の疲れをケアするのに向いています。

もやしのナムルの画像

もやしのナムル

緑豆のもやしには解酒毒という作用があります。 お酒の「つまみ」に最高かもしれません。

心太軟の画像

心太軟

ナツメでお餅を挟んだスイーツです。 ナツメは温性で補気補血の効能があります。 もち米は平性で補中益気の効能があります。

お仕事で使う

飲食店、食品・飲料の販売店またはメーカーを経営されている方の中で、このウェブサイトにお店メニューや商品を掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

薬膳的な評価が可能な飲食物であれば、一般ユーザーとして自由に掲載してくださって結構です。