周庄

江蘇省に周庄という街があります。上海から日帰り旅行に行ける距離の街です。

明代の初期に遡りますが、周庄には沈万三という富豪がいました。人呼んで「巨富」だったそうですから、相当な豪商だったようです。

周庄は水運の拠点でした。沈万三はシルク、陶器などを輸出し、象牙、香料、薬剤などを輸入していたようです。

輸入した商品は国内の商人に売り渡したはずですから商人同士の付き合いは頻繁でした。

今でも中国人同士のビジネスには会食が欠かせません。当時も事情は同じだったようです。

沈万三は客をもてなすために手の込んだ料理を用意していました。その中のひとつが周庄の肉塊・万三蹄なのです。

万三蹄

万三蹄の万三は沈万三の万三です。この場合の蹄はブタのうしろ脚の関節の部分を意味します。人間で言うと膝の下の部分に相当します。

前脚ではダメなのです。その理由は後で説明します。

この料理はブタの脚を輪切りにした塊を皮付きのまま煮込んで作ります。このときに漢方薬や香料を何種類も使います。

その中には海外から輸入される高価な薬や香料も含まれています。

現在は物流が発達しているので一般人でも外国や遠方の香料や薬を買うことができますが、明の時代にはかなり裕福な人でなければ入手できなかったようです。

そういう高価な材料をたっぷり使って作るのが万三蹄なのです。

また万三蹄は一度にたくさん作らないとおいしくならないと言われています。1度に数十個を煮込んで作るのです。

それだけ作っても余らないほどの客が沈万三のところに来ていたことになります。

今の中国でも万三蹄は家庭で作る料理ではありません。大きなレストランで大量に作ったものを賞味するわけです。

刀骨

万三蹄を注文すると肉の塊がそのまま皿に乗って出てきます。客は自分で肉を切って食べるのです。

肉を切るにはナイフが必要です。ところがナイフを使うのはご法度。これには理由があります。

沈万三は朝廷の財力をも凌ぐほどの豪商でした。明朝を打ち立てた皇帝・朱元璋は沈万三を陥れようと狙っていました。

あるとき朱元璋は沈万三の客となりました。朱元璋の前に自慢料理・万三蹄が出されたとき朱元璋は「どうやって食べるのだ?」と訊ねました。

塊のままでは食べられないので食べやすく切れという意味です。このとき沈万三は朱元璋の意図を悟りました。

当時皇帝の前で刃物を持つことは死刑に相当する犯罪だったのです。

肉を切るためにナイフを出したら言いがかりをつけて死刑にしてやろう。

それが朱元璋の狙いだと気付いた沈万三は肉から骨を抜き取り、その骨で肉を切りました。

万三蹄はよく煮込まれた料理なので骨でも切ることができるのです。

しかもブタのうしろ脚には先端が平らになっている骨があります。まるでナイフのように見えるので周庄の料理人は「刀骨」と呼ぶそうです。

沈万三が刀骨で肉を切って朱元璋の罠から逃れたという話にちなんで、万三蹄はブタのうしろ脚から作り、切るときは骨を使うというスタイルが定着したのです。

ブタ肉と薬膳

ブタ肉の薬膳的な効能は別の所でも書きましたし FoodNaVi をご利用いただけば表示されますから今回はブタ肉料理を作るときの薬膳マメ知識を紹介しましょう。

ブタ肉は体に潤いを与える食材ですが、このような食材は食べ過ぎると体内に「湿」と呼ばれる「余計なモノ」が増えるとされています。

この「湿」はさまざまな問題の原因となります。例えば太るのも湿のせいですし、やる気が出ないのも湿のせいです。

そこで薬膳や漢方は体内に湿が溜まらないようにコントロールすることを重視しています。

よくできた薬膳料理は湿が溜まりやすい食材と湿をデトックスする作用がある食材を合わせて使っています。

実は万三蹄もそのような料理のひとつです。昔から食べられている中華料理は薬膳的に見ても優れた料理であることが多いのです。

食の話題と薬膳

薬膳は単なる「体に良い食事」ではありません。薬膳はライフスタイルです。

楽しくなければ薬膳ではありません。食の話題に関心をもち、食の話題を楽しむのも薬膳の一部です。

このウェブサイトが提供する食の話題を皆様の楽しい会話のきっかけとしてご利用ください。

薬膳は難しいものではありません。誰でも手軽に始めることができます。

このウェブサイト内に難しい理論の勉強を省略して薬膳を始めることができるようにするためのツールを設置しています。

サーマコンディション分析をご利用いただけば明日からでもご自宅で薬膳ライフを始められます。

このウェブサイトにログインすると食材のサーマルタイプや薬膳的性質を検索できるツール FoodNaVi をご利用いただけます。 FoodNaVi を使うとスマホからでも手軽に食材の性質を検索できます。

薬膳理論を勉強してみたい人はインナーバランス・トリートメントのテキストをご覧ください。

記事一覧に戻る

アクセスが多い記事

記事の執筆者紹介

著書、各種依頼、連絡方法についてもこちらをご覧ください。

棚田と菜の花の村・羅平の少数民族料理

最近観光地として人気急上昇の羅平。ご当地の名物料理は?

開封の涼粉と謎の調味料「西瓜醤」

北宋時代の都・開封の名物「小吃」です。

『水滸伝』作者の故郷と酔っ払いカニ

一部で残酷料理と呼ばれる酔蟹は興化の名物です。

桂林の名物料理と名物食材

桂林の名物は米粉だけではありません。

タニシのスープで食す名物料理「螺蛳粉」

柳州市の名物はタニシのスープで食べる米の麺です。

司馬遷の故郷・韓城の痺れる特産品

韓城は「大紅袍」の大産地です。

桂林と米粉

中国で人気の桂林米粉をご紹介しましょう。

蘭州とラーメン

中国でラーメンと言えば蘭州拉麺です。

SPONSORED LINK

知識ゼロからの薬膳入門

薬膳の基本を知りたい人のための入門書です

InnerBalanceTreatment

サーマルタイプについての教科書です

読む漢方薬

漢方のウンチク本です

免疫力

漢方の「ちょうどよい」の思想を免疫に関して紹介しています

蠱毒

もうひとつの漢方の歴史です

お仕事で使う

飲食店、食品・飲料の販売店またはメーカーを経営されている方の中で、このウェブサイトにお店メニューや商品を掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

薬膳的な評価が可能な飲食物であれば、一般ユーザーとして自由に掲載してくださって結構です。