薬膳空間

 食を楽しむために

サーマルタイプ

ご自身に適したサーマルタイプをご存知の方は、サーマルタイプを選んでメニューを表示してみましょう。 サーマルタイプが何かよくわからないときはデフォルトのまま検索してみましょう。サーマルタイプが《FLAT》な食べ物が表示されます。ジャンルを選ぶと絞り込みができます。

サーマルタイプ

ジャンル

新しいメニュー選び

食べ物を選ぶときの最も基本的な条件はサーマルタイプです。

サーマルタイプは体を温める料理と冷ます料理の区別です。 どのようなサーマルタイプが自分のからだに合っているのか知りたい方はリンク先のページでサーマルコンディションを判定してみましょう。

このウェブサイトについて

TCMediCo が提供するこのウェブサイトは薬膳そしてインナーバランス・トリートメントを通じて人々が交流するための薬膳空間です。

TCMediCo は薬膳の進化形インナーバランス・トリートメントを提唱しています。 インナーバランス・トリートメントは現代医学の知見を取り入れ、長い歴史のある薬膳を現代のライフスタイルにフィットさせた薬膳の新しい形です。

単なる知識としての薬膳ではなく生活の一部としての薬膳を楽しみたい全ての人のためにこのサイトとインナーバランス・トリートメントがお役にたてますように。

薬膳的食材紹介

さくらんぼの画像

さくらんぼ

温性 補気 化湿など 

補中益気:脾などの働きを助けて気の生成を促します。 健脾和胃:脾胃の働きを調和させます。 去風除湿:風邪、湿邪を除きます。 補気、補血作用があるとする文献もあります。

さくらんぼの画像

さくらんぼ

補中益気:脾などの働きを助けて気の生成を促します。 健脾和胃:脾胃の働きを調和させます。 去風除湿:風邪、湿邪を除きます。 補気、補血作用があるとする文献もあります。

ざくろの画像

ざくろ

温性 補陰 

生津止渇:ざくろは温性ですが補陰作用がある食材です。ざくろの補陰作用は陽に拮抗して熱を冷ます作用ではなく、体に潤いを与える作用です。口や喉の渇きを癒す働きもあります。 収斂固渋:ざくろには収斂作用があるので出血性のトラブルや下痢などを改善する作用があります。 1日の適量は1個。 ざくろは果実だけではなく植物全体が漢方薬になる薬の木です。 例えば花には止血、葉には潤燥、皮には駆虫などの効能があります。どの部位にも共通して収斂作用があるとおぼえておけばほぼ間違いないと思って下さい。

ざくろの画像

ざくろ

生津止渇:ざくろは温性ですが補陰作用がある食材です。ざくろの補陰作用は陽に拮抗して熱を冷ます作用ではなく、体に潤いを与える作用です。口や喉の渇きを癒す働きもあります。 収斂固渋:ざくろには収斂作用があるので出血性のトラブルや下痢などを改善する作用があります。 1日の適量は1個。 ざくろは果実だけではなく植物全体が漢方薬になる薬の木です。 例えば花には止血、葉には潤燥、皮には駆虫などの効能があります。どの部位にも共通して収斂作用があるとおぼえておけばほぼ間違いないと思って下さい。

じゃがいもの画像

じゃがいも

平性

健脾利湿:じゃがいもの功能は健脾利湿です。脾の機能を高めるには最適の食品です。 寛腸通便:便秘解消作用もあります。 利水消腫:むくみ解消の効果も期待できます。 現代医学の観点からは、寛腸通便と利水消腫はじゃがいもに含まれる食物繊維とカリウムの作用だと言われています。 健脾は漢方独特の概念なので理解しづらいですが、消化器系の働きを助ける働きだと考えればよいでしょう。

じゃがいもの画像

じゃがいも

健脾利湿:じゃがいもの功能は健脾利湿です。脾の機能を高めるには最適の食品です。 寛腸通便:便秘解消作用もあります。 利水消腫:むくみ解消の効果も期待できます。 現代医学の観点からは、寛腸通便と利水消腫はじゃがいもに含まれる食物繊維とカリウムの作用だと言われています。 健脾は漢方独特の概念なので理解しづらいですが、消化器系の働きを助ける働きだと考えればよいでしょう。

サンショの画像

サンショ

温性 化湿など 

温中散寒:中焦を温める作用があります。 除湿止痛:病理物質「湿」を除去し、湿による滞りを解消して痛みを改善します。 日本でも使用頻度が高い漢方薬「大建中湯」の君薬はサンショです。 大建中湯は日本の臨床現場では手術後のケアに用いるというイメージの漢方薬ですが、漢方理論的に言えば「寒痛」の治療薬です。大建中湯の漢方的な効能は散寒止痛です。サンショ単独でもこの功能があります。

サンショの画像

サンショ

温中散寒:中焦を温める作用があります。 除湿止痛:病理物質「湿」を除去し、湿による滞りを解消して痛みを改善します。 日本でも使用頻度が高い漢方薬「大建中湯」の君薬はサンショです。 大建中湯は日本の臨床現場では手術後のケアに用いるというイメージの漢方薬ですが、漢方理論的に言えば「寒痛」の治療薬です。大建中湯の漢方的な効能は散寒止痛です。サンショ単独でもこの功能があります。

アスパラガスの画像

アスパラガス

涼性 補陰 

潤肺鎮咳:燥性の肺のトラブルを改善して咳を止めます。

アスパラガスの画像

アスパラガス

潤肺鎮咳:燥性の肺のトラブルを改善して咳を止めます。

みかんの画像

みかん

涼性 補陰 理気 

開胃理気:食欲増進作用、気の巡り(特に胸や腹)を整える作用があります。 止渇潤肺:肺陰のほか胃陰を補う作用があります。 お酒の飲み過ぎや熱性の咳を改善します。 1日の適量は最大3個。

みかんの画像

みかん

開胃理気:食欲増進作用、気の巡り(特に胸や腹)を整える作用があります。 止渇潤肺:肺陰のほか胃陰を補う作用があります。 お酒の飲み過ぎや熱性の咳を改善します。 1日の適量は最大3個。

とうふの画像

とうふ

涼性 補気 補陰 

益気和中:気の生成を促します。 生津潤燥:潤いを与えて燥性のトラブルを解消します。 清熱解毒:からだの悪い熱を除去します。

とうふの画像

とうふ

益気和中:気の生成を促します。 生津潤燥:潤いを与えて燥性のトラブルを解消します。 清熱解毒:からだの悪い熱を除去します。

このサイトに情報をアップロードするにはユーザー登録をしてください。
ユーザー登録が済みましたら自己PRのほか食べ物などの情報をアップロードできるようになります。

登録されているメニュー

張仲景の餃子の画像

張仲景の餃子

餃子を発明したのは漢方の聖人・張仲景だと言われています。 もともとの名は去寒嬌耳湯、略して嬌耳だそうです。

健脾ジャガイモ炒めの画像

健脾ジャガイモ炒め

中国人のお友達から教わった料理です。ジャガイモは炒め物にしてもおいしいです。 Foodnaviを見るとジャガイモの功能は健脾利湿、寛腸通便、利水消腫です。

ホウレンソウとジャガイモのカレーの画像

ホウレンソウとジャガイモのカレー

ガラムマサラは体を温め気の巡りをよくします。 ジャガイモは健脾利湿、ホウレンソウは補血です。 気と血を補いながら補った要素が滞らないようにする作用があります。

補気補血薬膳:ビフテカフィオレンティーナの画像

補気補血薬膳:ビフテカフィオレンティーナ

牛肉は補気補血の薬膳になります。元気がないときには牛肉がいいそうです。

たまごだけチャーハンの画像

たまごだけチャーハン

たまごは補気補陰、ご飯は補中益気なので気と陰を増やす料理です。 補ばっかりだと太るので瀉の性質がある食材を混ぜたりするとよいです。

カボチャ粥の画像

カボチャ粥

お米には補気作用があり、カボチャにも補気作用があります。かぼちゃ粥は補気作用が強い主食になります。

お仕事で使う

飲食店、食品・飲料の販売店またはメーカーを経営されている方の中で、このウェブサイトにお店メニューや商品を掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

薬膳的な評価が可能な飲食物であれば、一般ユーザーとして自由に掲載してくださって結構です。