くるみ

くるみの薬膳的な性質

薬膳的説明

補腎固精:腎陽虚(の諸症状)を改善します。
温肺定喘:寒性の肺のトラブルを改善します。
補気養血:気血を補います。
熱証(実熱、虚熱双方)には不向きな食材です。


くるみについて

くるみは食べるだけではなくそのままでも健康グッズになります。手に持ち、指で摘み、愛玩することで健康を保つことができるのです。

愛玩用のくるみを手療核桃、健身核桃、掌珠などと呼びます。昔は揉手核桃とも言いました。揉手核桃は明代、清代の中国で大流行し、明の熹宗などは「玩核桃遺忘国事(核桃に夢中で国事などほったらかし)」とまで言われたほどです。

清の時代には貴族の「三宝」のひとつに数えられ、皇帝への献上品の中にも現れます。そのなかのいくつかは今でも故宮博物館に保存されています。

当時は「文人玩核桃、武人轉鉄球」と言われるくらい流行し、教養人のたしなみのひとつになっていたようです。

揉手核桃を作るにはカラが厚い品種を使います。日本の山林で野生化したくるみの実はカラが厚いので、そういうものを入手したら明代皇帝の趣味を再現してみるのも一興ではないでしょうか?

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:HOT 温性

ガラムマサラ

ガラムマサラ

クミン:温:散寒止痛、理気和胃 カルダモン:温:消食去風 ナツメグ :温:温中、行气、消食 メース  :温:健胃和中 シナモン :温:散寒止痛、活血通経 インディアンベイリーフ(シナモンリーフ):温:温中散寒、解表発汗 ローレル(ベイリーフ):温 クローブ   :温:温中 オールスパイス:温 コリアンダー :平:健胃 ターメリック :温:行气活血、通経止痛 コショウ   :温:温中去寒 レッドペッパー:温:温中散寒、開胃消食 ガーリック:温:行气温中 ジンジャー:温:解表散寒、温中止嘔 ほぼ共通して体を温め、気(血)の巡りを改善し、食欲を増進する作用があります。 瀉の作用に偏っているので補の食材を用いてバランスをとることで薬膳的な完成度が高まります。

ライチ

ライチ

健脾養血:脾の働きを改善して血の生成を促進します。 理気消腫:気の巡りを整えむくみを解消します。 補心安神:心の働きを調整して心を落ち着けます。 陰虚証の人には不向きな食べ物です。 食べ過ぎると茘枝中毒になりますので大量に食べてはいけません。

にら

にら

補腎:腎陽を補います。 温中行気:気の巡りを改善します。 ニラの功能は文献によって様々です。体を温め気の巡りを改善すると覚えておけばよいでしょう。

リュウガン

リュウガン

気血を補い心脾の機能を高めます。この結果として安神作用が生じます。 タネを除いて乾燥させた「竜眼肉」は漢方薬としても利用されています。

しょうが

しょうが

発表散寒:解表作用があります。寒邪によるカゼの引き初めに効果的です。 消痰下気:咳を改善する効果があります。 温中止嘔:腹部を温め、吐き気を止める作用があります。 魚介類の毒を解毒する作用があるので、薬膳的には魚介類の料理に必須の食材です。 苦くて飲みづらい漢方薬を飲む前にしょうがの薄切りを舌にのせてしばらくすると、吐き気止めになります。

サンショ

サンショ

温中散寒:中焦を温める作用があります。 除湿止痛:病理物質「湿」を除去し、湿による滞りを解消して痛みを改善します。 日本でも使用頻度が高い漢方薬「大建中湯」の君薬はサンショです。 大建中湯は日本の臨床現場では手術後のケアに用いるというイメージの漢方薬ですが、漢方理論的に言えば「寒痛」の治療薬です。大建中湯の漢方的な効能は散寒止痛です。サンショ単独でもこの功能があります。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。