牛肉

牛肉の薬膳的な性質

薬膳的説明

補脾胃:食欲不振を改善します。
益気血:気血を補います。
強筋骨:筋骨を強壮にし、腰や膝の痛みを改善します。

牛肉について

インドでは牛は大切に保護されていることは有名ですが昔の中国でも法律上は牛は手厚く守られていました。ほとんどの王朝が牛を殺すことを禁じていたのです。

中国には「農」と「兵」が国の根幹という思想があり、農耕を支える家畜としての牛と軍事力の重要な要素である馬は特別視されていたからです。

自分の所有する牛ですら勝手に食べてはいけなかったようです。ただし牛も生き物ですから老衰や事故死があり得ます。そういう場合は特別な許可を得れば食べることができたそうです。牛が健康なうちは食べる許可が下りなかったそうですから、牛を食べる機会は非常に少なかったはずです。

ところが中国の小説には豪傑の飲食シーンなどで牛肉料理を食べる場面が出てきますし、牛肉を使った中華料理の名菜は数限りありません。この点については中国人自身も疑問を感じるようですが、おおむね次のように解説されています。

制度はあっても厳格に運用されていなかった。

高速道路でのスピード違反の取り締まりに似た現象が起きていたようですね。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:FLAT 平性

プラム(スモモ)

プラム(スモモ)

プラムのサーマルタイプは文献により温から寒まで幅があります。 功能は清熱、生津、利水のほか、益気、活血作用があるとする文献もあります。 補と瀉の作用を併せ持つ食材です。

ぶどう

ぶどう

補気補血:気、血を補います。 生津利尿:渇きを癒し排尿を促します。 解表透疹:解表作用があります。 安胎:妊娠を安定させる作用があります。 ぶどうの功能はバリエーションに富んでいます。補と瀉の作用を兼ね備えた薬膳的に多機能な果実です。 旬は夏としましたが品種により異なります。

鶏卵

鶏卵

鶏卵は黄身と白身で薬膳的な効能が違います。通常は一緒に食べることが多いので両者の性質を合わせたものが鶏卵の薬膳的な効能になります。 黄身:サーマルタイプは温性 滋陰安神:陰を補い精神を落ち着かせる作用があります。 白身:サーマルタイプは涼性 補気潤肺:気を補い肺を潤します。 清熱解毒:熱によるトラブルを改善します。

黒ゴマ

黒ゴマ

補肝腎:陰を補うことにより肝腎の機能を促進する。 益精血:腎精、血を補います。 潤腸燥:燥性の腸のトラブルを改善します。

くろきくらげ

くろきくらげ

補気補血:気血を補う作用があります。 潤肺  :燥性の肺のトラブルを改善する作用があります。 止血  :出血性のトラブルを改善する作用があります。

はちみつ

はちみつ

滋養潤燥:からだに潤いを与える作用があります。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。