とうもろこし

とうもろこしの薬膳的な性質

薬膳的説明

調中開胃:食欲増進作用があります。
文献により「煎服亦有利尿之功」とされています。コーンスープには利尿作用があると考えてよいでしょう。

とうもろこしについて

とうもろこしのヒゲは「玉米須」という漢方薬です。薬茶の素材としても使われますから食用漢方薬の一種と考えてよいでしょう。玉米須のサーマルタイプは平、作用は利水です。

とうもろこしは南米原産の食べ物です。中国に伝わったのは16世紀のことです。明末には山東省、河南省、河北省、安徽省などで栽培されていたそうですから、中国では急速に需要が拡大したことがうかがえます。

ちなみに日本に伝わったのも16世紀です。江戸時代の日本人がとうもろこしを食べていたというイメージは一般的ではないと思いますが地域によっては重要な作物になっていたそうです。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:FLAT 平性

鶏卵

鶏卵

鶏卵は黄身と白身で薬膳的な効能が違います。通常は一緒に食べることが多いので両者の性質を合わせたものが鶏卵の薬膳的な効能になります。 黄身:サーマルタイプは温性 滋陰安神:陰を補い精神を落ち着かせる作用があります。 白身:サーマルタイプは涼性 補気潤肺:気を補い肺を潤します。 清熱解毒:熱によるトラブルを改善します。

ブナシメジ

ブナシメジ

化痰止咳:病理物質「痰」を除去して咳を止める効果。 通便排毒:便秘解消効果。 中国ではシメジが一般的に流通し始めてからの歴史が浅いので薬膳的な評価は定まっていません。このページで紹介した薬膳的な効能はあくまで暫定的なものだとお考え下さい。

小豆(アズキ)

小豆(アズキ)

利水除湿:余計な水分、湿を除去します。 和血排膿:血の巡りを改善し膿の排出を促します。 アズキのサーマルタイプは文献によって温から微寒まで幅があります。現在の中国ではおおむね平性と考えられているようです。

牡蠣

牡蠣

滋陰養血:陰、血を補う作用があります。この作用により血虚による不眠症を改善します。

チーズ

チーズ

補肺潤腸:肺や腸に潤いを与えます。 養陰止渇:陰を補い渇きを癒します。肌の乾燥や痒みを改善する働きもあります。

黒ゴマ

黒ゴマ

補肝腎:陰を補うことにより肝腎の機能を促進する。 益精血:腎精、血を補います。 潤腸燥:燥性の腸のトラブルを改善します。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。