しょうが

しょうがの薬膳的な性質

薬膳的説明

発表散寒:解表作用があります。寒邪によるカゼの引き初めに効果的です。
消痰下気:咳を改善する効果があります。
温中止嘔:腹部を温め、吐き気を止める作用があります。

魚介類の毒を解毒する作用があるので、薬膳的には魚介類の料理に必須の食材です。
苦くて飲みづらい漢方薬を飲む前にしょうがの薄切りを舌にのせてしばらくすると、吐き気止めになります。

しょうがについて

生姜は昔から健康食品とされてきました。漢方の神様である神農の姓は「姜」です。生姜の名前は神農の姓が由来だとされています。

神農はありとあらゆるものを食べて薬効を確認したと言われています。当然毒を食べてしまうこともありました。

あるとき神農が毒に中って倒れたところ、周囲に良い香りがする植物が生えていました。その植物を食べたところ神農の気分は爽快になり毒の魔の手から逃れることができました。そこでその植物に神農の姓を与えたというわけです。

孔子は毎回の食事に生姜を所望したと言われています。紀元前から生姜は特別な食材であると考えられていたわけです。

中国には「冬に大根を食べ、夏に生姜を食せば医者いらず」ということわざもあります。
また有名な医学者である季東垣は「寝る前に大根を食べ、朝起きたら生姜を食すべし」と言っています。

生姜は陽を活発にするので朝食に適しています。「朝の生姜は人参湯にも勝る」とすら言われるくらいです。その一方で陰が支配する夜に「生姜を食すのは毒を喰らうのと同じ」と言われています。

もちろん生姜だけを食べることはあり得ませんから、陰陽のバランスをとる食事を作れば夕食に食べても何ら問題はありません。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:HOT 温性

ガラムマサラ

ガラムマサラ

クミン:温:散寒止痛、理気和胃 カルダモン:温:消食去風 ナツメグ :温:温中、行气、消食 メース  :温:健胃和中 シナモン :温:散寒止痛、活血通経 インディアンベイリーフ(シナモンリーフ):温:温中散寒、解表発汗 ローレル(ベイリーフ):温 クローブ   :温:温中 オールスパイス:温 コリアンダー :平:健胃 ターメリック :温:行气活血、通経止痛 コショウ   :温:温中去寒 レッドペッパー:温:温中散寒、開胃消食 ガーリック:温:行气温中 ジンジャー:温:解表散寒、温中止嘔 ほぼ共通して体を温め、気(血)の巡りを改善し、食欲を増進する作用があります。 瀉の作用に偏っているので補の食材を用いてバランスをとることで薬膳的な完成度が高まります。

マトン

マトン

温中健脾:脾の機能を活性化します。 補腎壮陽:腎陽を補います。 益気養血:気と血の生成を促進します。 感染症に罹患しているとき、熱証のときは控えたほうがよい食材です。

にんにく

にんにく

行気消積:気滞を解消する作用があります。 さらに食欲増進作用があるとされています。 陰虚火旺、目・のど・口腔内の疾病がある場合は不向きな食材です。

あんず

あんず

潤肺止咳:肺を潤し咳を止めます。 生津止渇:渇きを癒します。

鹿肉

鹿肉

気血を補う作用があります。 虚熱がある場合には不向きな食材です。

ざくろ

ざくろ

生津止渇:ざくろは温性ですが補陰作用がある食材です。ざくろの補陰作用は陽に拮抗して熱を冷ます作用ではなく、体に潤いを与える作用です。口や喉の渇きを癒す働きもあります。 収斂固渋:ざくろには収斂作用があるので出血性のトラブルや下痢などを改善する作用があります。 1日の適量は1個。 ざくろは果実だけではなく植物全体が漢方薬になる薬の木です。 例えば花には止血、葉には潤燥、皮には駆虫などの効能があります。どの部位にも共通して収斂作用があるとおぼえておけばほぼ間違いないと思って下さい。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。