米の薬膳的な性質

薬膳的説明

補中益気:脾の働きを促進して気の生成を助ける作用があります。

コメのサーマルタイプは文献によって微寒から熱まで幅があります。また産地による区別や新米と古米による区別を記している文献もあります。現在の中国ではおおむね平性として扱われているようです。

米について

もち米の薬膳的性質もほぼ同じです。サーマルタイプはフラット(平性)ですが、脾胃気虚による虚寒証を改善する働きがあり、もち米の粥は「温養胃気の妙品」と言われています。

米は漢方薬としても使われています。例えば日本でも使われている白虎湯という漢方薬があります。

白虎湯の功能は清熱生津です。肺胃実熱を治療するために使われます。この薬の中に米が使われているのです。

どうして米を使うのかといいますと白虎湯の成分である石膏が胃を荒らすのを予防するためです。石膏は強い薬で清熱の作用があるのですが体にもダメージを与える可能性があるので米を加えて緩和しているわけです。

同じ理由から石膏を含む漢方薬を煎じるときには米を一緒に入れるようアドバイスする専門家もいます。中国では小児科専門の漢方医がいます。小児科では発熱の患者さんが非常に多く、清熱の漢方薬を使うことが多いのですが、そのようなときに米が重要な役割を果たしているのです。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:FLAT 平性

ぶどう

ぶどう

補気補血:気、血を補います。 生津利尿:渇きを癒し排尿を促します。 解表透疹:解表作用があります。 安胎:妊娠を安定させる作用があります。 ぶどうの功能はバリエーションに富んでいます。補と瀉の作用を兼ね備えた薬膳的に多機能な果実です。 旬は夏としましたが品種により異なります。

蜜棗

蜜棗

補益脾胃:脾、胃の働きを促進します。 滋養陰血:陰、血を補います。 養心安神:心血を補い精神を安定させます。

豚肉

豚肉

滋陰潤燥:陰を補う作用があります。 サーマルタイプは寒とする文献もあります。 補気、補血の効能があるとする文献もあります。 補陰の作用があるので過剰な摂取は痰などの病理物質への変化につながるとされています。

チーズ

チーズ

補肺潤腸:肺や腸に潤いを与えます。 養陰止渇:陰を補い渇きを癒します。肌の乾燥や痒みを改善する働きもあります。

にんじん

にんじん

下気補中:気の巡りを整えます。特に上昇しすぎる気の働きを抑制する作用があります。 健胃消食:消化促進作用、腹の張りを改善する作用があります。 サーマルタイプは文献により微温または平ですが、現在は平と考えてよいでしょう。 旬は秋から冬です。

鶏卵

鶏卵

鶏卵は黄身と白身で薬膳的な効能が違います。通常は一緒に食べることが多いので両者の性質を合わせたものが鶏卵の薬膳的な効能になります。 黄身:サーマルタイプは温性 滋陰安神:陰を補い精神を落ち着かせる作用があります。 白身:サーマルタイプは涼性 補気潤肺:気を補い肺を潤します。 清熱解毒:熱によるトラブルを改善します。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。