緑茶

緑茶の薬膳的な性質

薬膳的説明

清頭目:目や頭をスッキリさせます。
除煩渇:渇きを癒します。
化痰 :病理物質「痰」を除去します。
消食 :消化を促進します。
利尿 :尿の排泄を促します。
清熱解毒:からだの悪い熱を取り除きます。

緑茶について

緑茶は発酵していない茶葉です。発酵した茶の効能は発酵の度合いによって微妙に異なります。

本草綱目の中で李自珍は茶を「陰中の陰」と評しています。そのため「最能降火」つまり陽の上亢を改善する作用に優れているというのです。

中国では「上火する」という言葉が日常語なので「最能降火」の意味もそのまま通じますが、日本語にはもともと「上火する」とか「陽亢」などというボキャブラリーがありませんから、丁寧な説明が必要です。

精神的にはイライラする状態、せかせかした状態が上火の特徴です。頭面部に熱証のサインが出る場合も多くの場合は上火と見てよいでしょう。

そういう時に緑茶を飲むと良いのです。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:COLD 涼性

いちじく

いちじく

潤肺止咳:燥性の咳を止める作用があります。 清熱潤腸:熱と燥による便秘を改善する働きがあります。

ゆり根

ゆり根

養陰潤肺:陰を補い燥性の肺のトラブルを改善します。 清心安神:心の熱を鎮めて精神を落ち着けます。この作用により不眠を解消します。 ユリ根は肺をケアする食材というイメージが強いのですが、安神作用もあるので睡眠の質が悪い人にはおすすめの食材です。 心火による不眠を改善するにはユリ根だけではなく補血補陰の食材を積極的に使い、食事の総合的なサーマルタイプが涼性になるようにします。 現代の日本では潤肺作用よりも安神作用のほうが注目されるべきでしょう。肺の渇きよりもこころの渇きのほうが蔓延しているからです。

ほうれんそう

ほうれんそう

養血止血:血を補い出血性のトラブルを改善します。 斂陰潤燥:陰の漏れ出しを防ぎ燥性のトラブルを改善します。

トマト

トマト

生津止渇:のどの渇きを癒します。 健胃消食:胃の働きを促進します。

そば

そば

健脾消積:脾の働きを強め滞りを解消します。 下気寛腸:気の下降を促進して腸の詰まりを解消します。 ソバには健脾作用がありますが寒性で気の下降を促すため、脾胃虚寒証の人(下痢の傾向がある人などに多い)には向かない食材であるとされています。

牛乳

牛乳

補虚損:具体的には気血を補う作用です。 益肺胃:肺、胃の働きを促進します。 生津潤腸:燥性の腸のトラブルを改善します。 牛乳のサーマルタイプはフラット(平性)としている文献もありますが、中国では微寒と考えている人が多いようです。文献上も微寒としているものが目立ちます。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。