ながねぎ

ながねぎの薬膳的な性質

薬膳的説明

発汗解表:解表作用があります。
通陽  :経絡に陽気を通す作用があります。
利尿  :尿の排泄を促す作用があります。

ながねぎについて

中国の宗教界には五葷または五辛と呼ばれる禁菜があります。
何が五辛なのかは流派によってよって違うようですが、ネギも五辛のひとつに数えられることがあります。

なぜ五辛を避けるかについては、匂いの強い野菜を食べると呼気に匂いが残るので、エチケットして避けられたとする説明があります。

医学的な説明としてはネギは腎陰を消耗するので多食すると精神を不安定にするから避けるべきとされたという説があります。

ネギには発汗や利尿の作用があるので陰を消耗し、陽とのバランスを崩すことによって情緒が悪い意味で活発な方向に変化するということでしょう。

ネギを単体で見ればそのような理論も成り立ちますがネギだけの食事はないので、他の料理との組み合わせによって陰を適切に補えばマイナス面をカバーすることができます。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:HOT 温性

マトン

マトン

温中健脾:脾の機能を活性化します。 補腎壮陽:腎陽を補います。 益気養血:気と血の生成を促進します。 感染症に罹患しているとき、熱証のときは控えたほうがよい食材です。

リュウガン

リュウガン

気血を補い心脾の機能を高めます。この結果として安神作用が生じます。 タネを除いて乾燥させた「竜眼肉」は漢方薬としても利用されています。

ざくろ

ざくろ

生津止渇:ざくろは温性ですが補陰作用がある食材です。ざくろの補陰作用は陽に拮抗して熱を冷ます作用ではなく、体に潤いを与える作用です。口や喉の渇きを癒す働きもあります。 収斂固渋:ざくろには収斂作用があるので出血性のトラブルや下痢などを改善する作用があります。 1日の適量は1個。 ざくろは果実だけではなく植物全体が漢方薬になる薬の木です。 例えば花には止血、葉には潤燥、皮には駆虫などの効能があります。どの部位にも共通して収斂作用があるとおぼえておけばほぼ間違いないと思って下さい。

にら

にら

補腎:腎陽を補います。 温中行気:気の巡りを改善します。 ニラの功能は文献によって様々です。体を温め気の巡りを改善すると覚えておけばよいでしょう。

もも

もも

生津潤腸:潤いを与えて燥性の腸のトラブルを改善します。 活血消積:血の巡りを改善します。

にんにく

にんにく

行気消積:気滞を解消する作用があります。 さらに食欲増進作用があるとされています。 陰虚火旺、目・のど・口腔内の疾病がある場合は不向きな食材です。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。