やまいも

やまいもの薬膳的な性質

薬膳的説明

補脾養胃:脾胃の働きを促進します。
生津益肺:肺の働きを促進します。
補腎渋精:腎の働きを促進し、精を保ちます。

先天の本(腎)と後天の本(脾)、さらに大気から気を取り込む肺の働きを促進することで生命エネルギーを多角的に充実させる作用があります。

やまいもについて

中国の言い伝えによるとヤマイモは古代中国で起きた戦争のときに山に追い込まれた兵士が発見したとされています。山で遭遇した食料なので「山遇」と呼ばれたそうです。

ヤマイモは古くから食材であると同時に優れた薬であると考えられてきました。このため「食中の薬」と呼ばれることもあります。

実際にヤマイモは漢方薬としても使われています。漢方薬として使う場合は「山薬」と呼ばれています。

『本草綱目』にはヤマイモは「諸虚百損」を治すと記されています。つまりヤマイモはあらゆる虚証を改善する作用がある食材です。

また清代の医学者張錫純はヤマイモは子供の病気を治療するのに適していると言っています。

虚弱体質を改善するには最適な食材と言ってよいでしょう。

日本では「とろろいも」として食べることが多いですが、中国では調理して食べるのが普通です。中華料理の世界ではヤマイモ料理のバリエーションは非常に豊富です。

炒めてもスープにしても和え物にしてもおいしいので、ヤマイモの料理を家庭のレシピに加えてみてはいかがでしょうか。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:FLAT 平性

牛肉

牛肉

補脾胃:食欲不振を改善します。 益気血:気血を補います。 強筋骨:筋骨を強壮にし、腰や膝の痛みを改善します。

チーズ

チーズ

補肺潤腸:肺や腸に潤いを与えます。 養陰止渇:陰を補い渇きを癒します。肌の乾燥や痒みを改善する働きもあります。

プラム(スモモ)

プラム(スモモ)

プラムのサーマルタイプは文献により温から寒まで幅があります。 功能は清熱、生津、利水のほか、益気、活血作用があるとする文献もあります。 補と瀉の作用を併せ持つ食材です。

クコ

クコ

補腎益精:腎陰虚の諸症状を改善します。 養肝明目:肝陰虚の諸症状を改善します。 適量は最大12グラムです。 クコは薬膳にはよく使われる肝腎の陰を補う食材です。補陽とのバランスを考えながら用いるとよいでしょう。

くらげ

くらげ

清熱平肝:肝陰虚による肝陽の上亢を抑制する作用があります。この意味を理解するにはハイレベルの薬膳理論を知らなければならないので、意味がわからなくてもスルーして大丈夫です。 化痰消積:からだに溜まった病理物質である「痰」をデトックスする作用があります。 潤腸通便:燥性の便秘を解消する作用があります。 くらげの効能について「滋陰化痰」としている文献もあります。補としては補陰、瀉としては化痰なので、よくまとめた4文字です。漢方理論を知っている人は、滋陰と化痰は真逆の作用のように感じるかもしれませんが、このふたつの作用を併せ持つ食材は珍しくありません。水道と下水道を同時にセットするイメージで理解してください。

黒ゴマ

黒ゴマ

補肝腎:陰を補うことにより肝腎の機能を促進する。 益精血:腎精、血を補います。 潤腸燥:燥性の腸のトラブルを改善します。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。