しろきくらげ

しろきくらげの薬膳的な性質

薬膳的説明

補肺益気:肺の機能を促進して気を充実させます。
養陰潤燥:陰を補い潤いを保ちます。

しろきくらげについて

薬膳の知識がある人は白キクラゲは肺をケアする食材であるというイメージをもっているかもしれません。しかしそれだけではなく腸のトラブルにも効果があります。

漢方理論によれば肺と大腸は表裏関係です。表裏関係にある臓腑の一方をケアする食材はもう一方の臓腑を同時にケアする作用があるというわけです。

◆西太后と白キクラゲ

清の時代のことです。女帝・西太后が下痢に苦しみ宮廷医たちの治療がうまく行かないことがありました。

ところが名医・唐容川が白キクラゲのスープ(銀耳湯)を処方したところ、西太后の下痢はたちどころに治ってしまったのです。それ以来西太后は白キクラゲのスープを好んだということです。

白キクラゲは延年益寿之品であるとか長生不老良薬とも言われていました。不老長寿の秘薬という感じの意味です。

このような神秘的な効能があると信じられていたことから、白キクラゲには「菌中之冠」の異名もあります。中国語で菌はキノコという意味ですから、白キクラゲは最高のキノコだということになります。

白キクラゲというと乾燥した秋の季節に肺をケアする薬膳に入れるというイメージが定着していますが、燥性の便秘にも効果がある食材なので、どのような季節にも有用な食材ですよ。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:FLAT 平性

小豆(アズキ)

小豆(アズキ)

利水除湿:余計な水分、湿を除去します。 和血排膿:血の巡りを改善し膿の排出を促します。 アズキのサーマルタイプは文献によって温から微寒まで幅があります。現在の中国ではおおむね平性と考えられているようです。

プラム(スモモ)

プラム(スモモ)

プラムのサーマルタイプは文献により温から寒まで幅があります。 功能は清熱、生津、利水のほか、益気、活血作用があるとする文献もあります。 補と瀉の作用を併せ持つ食材です。

蜜棗

蜜棗

補益脾胃:脾、胃の働きを促進します。 滋養陰血:陰、血を補います。 養心安神:心血を補い精神を安定させます。

にんじん

にんじん

下気補中:気の巡りを整えます。特に上昇しすぎる気の働きを抑制する作用があります。 健胃消食:消化促進作用、腹の張りを改善する作用があります。 サーマルタイプは文献により微温または平ですが、現在は平と考えてよいでしょう。 旬は秋から冬です。

とうもろこし

とうもろこし

調中開胃:食欲増進作用があります。 文献により「煎服亦有利尿之功」とされています。コーンスープには利尿作用があると考えてよいでしょう。

くろきくらげ

くろきくらげ

補気補血:気血を補う作用があります。 潤肺  :燥性の肺のトラブルを改善する作用があります。 止血  :出血性のトラブルを改善する作用があります。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。