クコ

クコの薬膳的な性質

薬膳的説明

補腎益精:腎陰虚の諸症状を改善します。
養肝明目:肝陰虚の諸症状を改善します。

適量は最大12グラムです。

クコは薬膳にはよく使われる肝腎の陰を補う食材です。補陽とのバランスを考えながら用いるとよいでしょう。

クコについて

クコは古くから優れた薬効をもつ薬であると考えられてきました。それだけにクコにまつわる伝説がたくさんあります。

例えば北宋時代の次のような言い伝えがあります。

朝廷の使者が四川省に赴いたとき、若い娘が白髪の老人をひっぱたいているのを目撃しました。使者は娘に対して「もっと老人を敬いなさい」と言ったところ、娘は「この子はいくら言ってもクコを食べないから叱っているのです」との答え。

よくよく聞いてみると17歳くらいの娘だと思った女性は370歳で、90歳くらいに見える老人は女性の孫のさらに子孫だったのです。

クコを食べていると370歳になっても17歳の娘にみえるほど若さを保てるという伝説です。これは「白髪三千丈」的な中華風物語ですが、クコの効能に対する中国人の観念をよく表している話だと思います。

◆千歳枸杞

中国にはクコは神秘的な植物であるという観念もあります。クコの木の根は千歳になると犬にそっくりな形になると言われています。仙人はこの根から杖を作るという話もあります。

徽宗皇帝の時代に順州(現在の順義)で築城工事中に伝説上の犬の形をしたクコの根が発見され、皇帝に献上されたという話も残されています。

クコの古木の周囲では夜になると犬の鳴き声が聞こえるとも言われています。なんとも不思議な話です。

このように中国ではクコは単なる食物でも薬でもなく、非常に謎めいた存在なのです。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:FLAT 平性

にんじん

にんじん

下気補中:気の巡りを整えます。特に上昇しすぎる気の働きを抑制する作用があります。 健胃消食:消化促進作用、腹の張りを改善する作用があります。 サーマルタイプは文献により微温または平ですが、現在は平と考えてよいでしょう。 旬は秋から冬です。

じゃがいも

じゃがいも

健脾利湿:じゃがいもの功能は健脾利湿です。脾の機能を高めるには最適の食品です。 寛腸通便:便秘解消作用もあります。 利水消腫:むくみ解消の効果も期待できます。 現代医学の観点からは、寛腸通便と利水消腫はじゃがいもに含まれる食物繊維とカリウムの作用だと言われています。 健脾は漢方独特の概念なので理解しづらいですが、消化器系の働きを助ける働きだと考えればよいでしょう。

しろきくらげ

しろきくらげ

補肺益気:肺の機能を促進して気を充実させます。 養陰潤燥:陰を補い潤いを保ちます。

ブナシメジ

ブナシメジ

化痰止咳:病理物質「痰」を除去して咳を止める効果。 通便排毒:便秘解消効果。 中国ではシメジが一般的に流通し始めてからの歴史が浅いので薬膳的な評価は定まっていません。このページで紹介した薬膳的な効能はあくまで暫定的なものだとお考え下さい。

くらげ

くらげ

清熱平肝:肝陰虚による肝陽の上亢を抑制する作用があります。この意味を理解するにはハイレベルの薬膳理論を知らなければならないので、意味がわからなくてもスルーして大丈夫です。 化痰消積:からだに溜まった病理物質である「痰」をデトックスする作用があります。 潤腸通便:燥性の便秘を解消する作用があります。 くらげの効能について「滋陰化痰」としている文献もあります。補としては補陰、瀉としては化痰なので、よくまとめた4文字です。漢方理論を知っている人は、滋陰と化痰は真逆の作用のように感じるかもしれませんが、このふたつの作用を併せ持つ食材は珍しくありません。水道と下水道を同時にセットするイメージで理解してください。

黒ゴマ

黒ゴマ

補肝腎:陰を補うことにより肝腎の機能を促進する。 益精血:腎精、血を補います。 潤腸燥:燥性の腸のトラブルを改善します。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。