蜜棗

蜜棗の薬膳的な性質

薬膳的説明

補益脾胃:脾、胃の働きを促進します。

滋養陰血:陰、血を補います。

養心安神:心血を補い精神を安定させます。

蜜棗について

蜜棗はナツメの加工品です。作用が強い漢方薬の働きを緩和するためにも用いられます。

いちばん一般的な作り方は次の通り。

まずナツメの実を一周するように切れ目を入れます。煮たときに味がしみ込みやすくするためです。次にたっぷりの砂糖を加えて煮ます。味がしみ込んだところで天日で干せばできあがりです。

ナマのナツメがあれば自宅でも作ることができるのです。

◆蜜棗の種類

甘みをつけた蜜棗からどれくらい水分を抜くかによって食感や見た目がずいぶん違ってきます。中国では次の三種類に分類されています。

京式蜜棗
徽式蜜棗
桂式蜜棗

京式蜜棗から順に水分が少なくなります。当たり前のことですが水分が少ないものほど食感が硬くなります。

水分が多くて比較的柔らかい蜜棗を軟蜜棗、水分が少なくて割合しっかりした食感があるものを硬蜜棗と言います。

京式蜜棗は北式蜜棗、金糸蜜棗とも呼ばれます。また半透明の琥珀色をしているので金糸琥珀とも呼ばれます。京式蜜棗は軟蜜棗に分類されます。

徽式蜜棗と桂式蜜棗は硬蜜棗に分類されます。

さらに熱風で水分を飛ばした干蜜棗と呼ばれるタイプのものもあります。保存性を高めるための工夫でしょうね。


◆名産地

湖北省の随州は蜜棗の産地として有名です。と言っても随州という地名を聞いたことがない人も多いでしょう。このサイトをご覧の方々には漢方の神様である神農の故郷だと言ったほうが「へー」となるのではないでしょうか?

その随州は「中国蜜棗之郷」と呼ばれるくらい蜜棗で有名な土地でもあるのです。またマニアックな知識として、オオサンショウウオが生息することでも知られている土地です。

随州の他にも有名な産地があります。

広西の梧州も蜜棗で有名です。梧州の蜜棗は清の時代(道光帝の時代から)に皇帝への献上品になっていたという歴史があります。

作り方にも特色があります。完熟する前に収穫したナツメを使い、砂糖で煮た後で水あめと蜂蜜に漬けて作ります。

梧州の蜜棗は食用というよりも燥性の肺のトラブルをケアする「蜜棗湯」の材料として用いられていたようです。

◆食べ方

蜜棗はそのまま食べることもありますが、碗に入れて湯を注ぎ、温かいドリンクとしていただくこともあります。もともと非常に甘いので、このようにしていただくほうが体にもよいでしょう。

さらに煮物やスープを作るときに甘みを足す調味料代わりにも使えます。

また薬膳的な料理として蜜棗を入れた粥も作られます。体力を回復するための甘い粥。病み上がりの場面などにそっと作ってあげたい一品です。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:FLAT 平性

しろきくらげ

しろきくらげ

補肺益気:肺の機能を促進して気を充実させます。 養陰潤燥:陰を補い潤いを保ちます。

鶏卵

鶏卵

鶏卵は黄身と白身で薬膳的な効能が違います。通常は一緒に食べることが多いので両者の性質を合わせたものが鶏卵の薬膳的な効能になります。 黄身:サーマルタイプは温性 滋陰安神:陰を補い精神を落ち着かせる作用があります。 白身:サーマルタイプは涼性 補気潤肺:気を補い肺を潤します。 清熱解毒:熱によるトラブルを改善します。

ブナシメジ

ブナシメジ

化痰止咳:病理物質「痰」を除去して咳を止める効果。 通便排毒:便秘解消効果。 中国ではシメジが一般的に流通し始めてからの歴史が浅いので薬膳的な評価は定まっていません。このページで紹介した薬膳的な効能はあくまで暫定的なものだとお考え下さい。

牛肉

牛肉

補脾胃:食欲不振を改善します。 益気血:気血を補います。 強筋骨:筋骨を強壮にし、腰や膝の痛みを改善します。

ぶどう

ぶどう

補気補血:気、血を補います。 生津利尿:渇きを癒し排尿を促します。 解表透疹:解表作用があります。 安胎:妊娠を安定させる作用があります。 ぶどうの功能はバリエーションに富んでいます。補と瀉の作用を兼ね備えた薬膳的に多機能な果実です。 旬は夏としましたが品種により異なります。

クコ

クコ

補腎益精:腎陰虚の諸症状を改善します。 養肝明目:肝陰虚の諸症状を改善します。 適量は最大12グラムです。 クコは薬膳にはよく使われる肝腎の陰を補う食材です。補陽とのバランスを考えながら用いるとよいでしょう。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。