すいか

すいかの薬膳的な性質

薬膳的説明

清熱解暑:暑気を払います。
止渇利尿:渇きを癒し、尿の排泄を促進します。

スイカはからだを冷ます作用が強い食材として知られていますが、サーマルタイプを「平」としている文献もあります。

すいかについて

スイカの故郷はアフリカ大陸だと言われています。それが徐々に東に向かって伝わり中国でも栽培されるようになったわけです。中国から見ると西から来た植物なので中国語では「西瓜」と言います。

これが一般的なスイカの由来についての説明ですが、薬膳の世界には別の伝説があります。医学の神様・神農があらゆる植物を食べて薬効を確かめていたときのことです。

神農はスイカを発見して食べてみました。すると今まで食べたことがないほど水分が豊富な果実であることに驚きました。

あまりにも珍しい瓜なので神農はその植物に「稀瓜」という名前を付けました。中国語でよむと「稀瓜」と「西瓜」は音が同じなので、いつの間にか「稀瓜」は「西瓜」と書かれるようになったというのです。

◆寒瓜

李自珍の『本草綱目』にはスイカの別名として「寒瓜」という名前が記録されています。

中国ではスイカとカニは体を冷やす食べ物の代表格とみなされています。寒瓜という名前はこの性質からきているのではないでしょうか。

現在のスイカは品種改良されていて野生のスイカほどの作用はありませんが、それでもたまに先祖返りしたスイカが出現することがあります。

そういうスイカを食べると夏でも体の冷えを感じるくらいの影響があります。原産地であるアフリカに行けばまだそういうスイカがふつうに生えているかもしれませんね。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:COLD 涼性

れんこん

れんこん

レンコンの功能は文献によって異なります。最大公約数的な効能は熱を冷まし、滞った血の巡りを改善する作用です。 この場合の熱は血分の熱(血熱)です。漢方理論によると「血分に熱がある状態」はかなりの重症です。 このようなケースは薬で治療するレベルの状態なので、薬膳を実践するうえではほとんど考慮する必要はありません。ですからレンコンは滞った血の巡りを改善する野菜だとおぼえておけばよいでしょう。 レンコンは生で食べる場合と火を通して食べる場合では効能が違うとする説もあります。この説によるとレンコンの功能は次のようになります。 生で食べると血分の熱を冷まし、滞った血の巡りを改善する作用があります。 火を通して食べる場合は補血、健脾、開胃の作用があります。

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツ

清熱潤肺:燥熱による肺のトラブルを改善します。

ごぼう

ごぼう

ゴボウは「牛蒡根」という名前の漢方薬にもなる野菜です。 ゴボウはには清熱解毒の効能があります。のどの痛み、はれ物、湿疹のような熱によるトラブルを改善します。 さらに疏風利咽の効能もあります。いわゆるカゼのうち「風熱感冒」といわれるタイプのものに効果があります。

びわ

びわ

潤肺止渇下気:燥熱性の肺のトラブルを改善し、渇きを癒し、上昇性の気の過剰な動きを抑制します。

いちじく

いちじく

潤肺止咳:燥性の咳を止める作用があります。 清熱潤腸:熱と燥による便秘を改善する働きがあります。

たけのこ

たけのこ

滋陰養血:陰、血を補います。 清熱化痰:病理物質「痰」を除去します。 利尿通便:排泄を促します。 この他にも消食、明目、益気などさまざまな効能があるとされています。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。