なし

なしの薬膳的な性質

薬膳的説明

生津潤燥:陰を補ない乾燥性のトラブルを改善します。
清熱化痰:痰熱を除去します。
解酒  :酒の毒を解毒します。

痰、熱、燥によるトラブルを改善することから肺の守り神とも言うべき食材です。

なしについて

秋には肺をケアするために梨を煮てスイーツを作る。これは薬膳の世界では定番的な習慣です。

漢方理論によると肺のトラブルの原因は大抵の場合痰、熱、燥です。梨の功能には化痰、清熱、潤燥の三拍子が揃っているので、肺のトラブル予防にピッタリなのです。

◆調理する理由

日本では梨は生で食べるのが常識です。薬膳として梨を食べるときにはなぜ生で食べずに調理するのでしょうか。これには薬膳理論的な理由があります。

秋になると自然環境を支配する陰陽バランスは次第に陰が強くなります。このような季節には熱性のトラブルよりも寒性のトラブルのほうが多くなります。

そうなると体を冷やさないほうがよいわけです。梨は寒性ですが寒性を抑制して化痰と潤燥の作用だけを生かせれば理想的なのです。

火を通して調理することにより梨の寒性は緩和されます。これが梨を調理する理由です。

体を冷やさずに必要な効能だけを利用したいので、薬膳として梨を食べるときは煮て食べることが多いのです。同じ理由から蒸して食べる方法もあります。

この理由を知っていれば、秋でも熱性の風邪で咳を伴うようなときは生の梨が適していることがわかります。もちろん透明な鼻水が出るような寒性の風邪の場合は甘く煮た梨が適しています。

中国に古くから伝わるレシピの背景には薬膳理論が隠されていることが多いので、薬膳を勉強すると中華料理の楽しみ方が広がるというわけですね。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:COLD 涼性

牛乳

牛乳

補虚損:具体的には気血を補う作用です。 益肺胃:肺、胃の働きを促進します。 生津潤腸:燥性の腸のトラブルを改善します。 牛乳のサーマルタイプはフラット(平性)としている文献もありますが、中国では微寒と考えている人が多いようです。文献上も微寒としているものが目立ちます。

芹菜

芹菜

基本的な効能は平肝清熱です。ですから漢方薬として使う場合は肝陽上亢の治療に使います。 このほかにも去風利湿、除煩消腫、涼血止血、解毒宣肺、健胃利血、清腸利便、潤肺止咳の効能があります。 功能の細部をおぼえるよりも「瀉の作用を幅広くもつ野菜」と考えておけばよいでしょう。

ゆり根

ゆり根

養陰潤肺:陰を補い燥性の肺のトラブルを改善します。 清心安神:心の熱を鎮めて精神を落ち着けます。この作用により不眠を解消します。 ユリ根は肺をケアする食材というイメージが強いのですが、安神作用もあるので睡眠の質が悪い人にはおすすめの食材です。 心火による不眠を改善するにはユリ根だけではなく補血補陰の食材を積極的に使い、食事の総合的なサーマルタイプが涼性になるようにします。 現代の日本では潤肺作用よりも安神作用のほうが注目されるべきでしょう。肺の渇きよりもこころの渇きのほうが蔓延しているからです。

緑茶

緑茶

清頭目:目や頭をスッキリさせます。 除煩渇:渇きを癒します。 化痰 :病理物質「痰」を除去します。 消食 :消化を促進します。 利尿 :尿の排泄を促します。 清熱解毒:からだの悪い熱を取り除きます。

きゅうり

きゅうり

清熱利水:からだの悪い熱を取り除く作用があります。

ダイズ

ダイズ

健脾寛中:気の流れを促進し、脾の機能を高めます。 潤燥消水:潤いを増やしつつ余計な水分を除きます。 食べ過ぎると津液過剰となり病理物質である「痰」を生じるとする文献もあります。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。