マトン

マトンの薬膳的な性質

薬膳的説明

温中健脾:脾の機能を活性化します。
補腎壮陽:腎陽を補います。
益気養血:気と血の生成を促進します。
感染症に罹患しているとき、熱証のときは控えたほうがよい食材です。

マトンについて

元代の薬膳書《飲膳正要》には羊肉の料理が数多く登場します。
元王朝はモンゴル人が建国した国家であり、モンゴル人は羊の放牧を行っていたので、羊肉は最も身近な肉だったからでしょう。
北方の寒い環境で補陽食材の放牧が盛んであったことは単なる偶然ではないでしょう。
漢民族の王朝である宋代まで遡ると羊肉は肉の中でも高級品であるとされていて、豚肉よりも珍重されていました。
中華料理というと豚肉をイメージしがちですが羊肉は中国の食文化と切っても切れない関係にあります。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:HOT 温性

あんず

あんず

潤肺止咳:肺を潤し咳を止めます。 生津止渇:渇きを癒します。

ガラムマサラ

ガラムマサラ

クミン:温:散寒止痛、理気和胃 カルダモン:温:消食去風 ナツメグ :温:温中、行气、消食 メース  :温:健胃和中 シナモン :温:散寒止痛、活血通経 インディアンベイリーフ(シナモンリーフ):温:温中散寒、解表発汗 ローレル(ベイリーフ):温 クローブ   :温:温中 オールスパイス:温 コリアンダー :平:健胃 ターメリック :温:行气活血、通経止痛 コショウ   :温:温中去寒 レッドペッパー:温:温中散寒、開胃消食 ガーリック:温:行气温中 ジンジャー:温:解表散寒、温中止嘔 ほぼ共通して体を温め、気(血)の巡りを改善し、食欲を増進する作用があります。 瀉の作用に偏っているので補の食材を用いてバランスをとることで薬膳的な完成度が高まります。

なつめ

なつめ

補中益気:気を補う作用があります。 養血安神:血を補い精神を落ち着かせる作用があります。

シナモン

シナモン

温腎壮陽:腎陽の不足による諸症状を改善します。 温中散寒:冷えによる腹部の諸症状を改善します。 温経止痛:冷えによる痛みを改善します。 この他にも活血作用があるとされています。このため冷えによる生理痛もブラスタによる生理痛も改善する作用があります。 量は最大でも5グラムまで。 次のような場合は控えたほうがよいとされています。  妊娠中の女性  痔  便秘

にら

にら

補腎:腎陽を補います。 温中行気:気の巡りを改善します。 ニラの功能は文献によって様々です。体を温め気の巡りを改善すると覚えておけばよいでしょう。

とうがらし

とうがらし

温中散寒:冷えによる腹部のトラブルを改善します。 健胃消食:食べすぎによる腹部の不快感を解消し食欲を増進します。 散寒除湿:寒邪を除き、病理物質である「湿」をデトックスします。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。