ぶどう

ぶどうの薬膳的な性質

薬膳的説明

補気補血:気、血を補います。
生津利尿:渇きを癒し排尿を促します。
解表透疹:解表作用があります。
安胎:妊娠を安定させる作用があります。

ぶどうの功能はバリエーションに富んでいます。補と瀉の作用を兼ね備えた薬膳的に多機能な果実です。

旬は夏としましたが品種により異なります。

ぶどうについて

ブドウと言えばワインです。司馬遷の『史記』にもワインについての記録がありますから漢の時代には中国でもワインが知られていたことになります。ただし当時はブドウ自体が非常に高価でしたから、特別な人以外がワインを飲む機会はほとんどなかったはずです。

ワインが普及するのは唐代になってからだと言われています。唐代の詩には度々ワインが登場するからです。

有名は「葡萄の美酒、夜光の盃」は唐代の詩です。李白の詩には水面の様子をワインに例えたものもあります。この時代の文人たちはワインがどのようなものかについて共通認識をもっていたようです。

◆漢方と葡萄酒

葡萄酒というと現在のワインをイメージしますが、医学書に載っている葡萄酒はワインとはかなり違います。

例えば『太平聖恵方』の葡萄酒は干しブドウ、麹、もち米を原料にして発酵させて作ります。干しブドウ入りのどぶろくのような酒ですね。

また『聖済総録』の葡萄酒はブドウを燗をした酒で飲み下すというものです。

『太平聖恵方』の葡萄酒は顔を若々しく保つ効能があり、『聖済総録』の葡萄酒はニキビを治す効果があります。どちらの葡萄酒も美容目的の薬膳的な療法と言ってよいでしょう。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:FLAT 平性

ブナシメジ

ブナシメジ

化痰止咳:病理物質「痰」を除去して咳を止める効果。 通便排毒:便秘解消効果。 中国ではシメジが一般的に流通し始めてからの歴史が浅いので薬膳的な評価は定まっていません。このページで紹介した薬膳的な効能はあくまで暫定的なものだとお考え下さい。

にんじん

にんじん

下気補中:気の巡りを整えます。特に上昇しすぎる気の働きを抑制する作用があります。 健胃消食:消化促進作用、腹の張りを改善する作用があります。 サーマルタイプは文献により微温または平ですが、現在は平と考えてよいでしょう。 旬は秋から冬です。

やまいも

やまいも

補脾養胃:脾胃の働きを促進します。 生津益肺:肺の働きを促進します。 補腎渋精:腎の働きを促進し、精を保ちます。 先天の本(腎)と後天の本(脾)、さらに大気から気を取り込む肺の働きを促進することで生命エネルギーを多角的に充実させる作用があります。

黒ゴマ

黒ゴマ

補肝腎:陰を補うことにより肝腎の機能を促進する。 益精血:腎精、血を補います。 潤腸燥:燥性の腸のトラブルを改善します。

さば

さば

滋補強壮:体力を回復させる作用があります。日本語の滋養強壮と同じような意味です。 中国ではサバは一般的な食材ではなかったので薬膳的な評価が細部まで定まっていません。何らかの「補」の働きがあることは間違いありませんが、それが補気なのか補血なのか、あるいは別の作用なのか明らかにされていないようです。

牛肉

牛肉

補脾胃:食欲不振を改善します。 益気血:気血を補います。 強筋骨:筋骨を強壮にし、腰や膝の痛みを改善します。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。