コショウ

コショウの薬膳的な性質

薬膳的説明

温中下気:中焦(脾、胃など)を温め、気の過剰な上昇傾向を抑制します。
消痰解毒:病理物質「痰」をデトックスする作用があります。

コショウについて

中国にいつ胡椒が伝わったかについては諸説あるのですが唐の時代には大量に輸入されていたようです。

唐の時代の宰相で元載という人がいます。この人は晩年失脚するのですが、そのときに自宅を捜索され「八百石の胡椒」が発見されたと記録されています。当時の八百石は現在の64トンに相当するそうです。

胡椒は中国でも肉料理の調味料として重宝されました。それまでは花椒(サンショ)を使っていた料理に胡椒が用いられるようになったと言われています。

胡椒と肉の相性は奇跡の領域に達していますからね、ブ厚い中国の伝統を突き破って胡椒が中国の食の世界に拡散したとしても不思議ではありません。

◆李自珍と胡椒

漢方の偉人の中にも胡椒の魅力に絡めとられた人がいます。『本草綱目』を著した李自珍がその人です。

李自珍の母は胡椒の味付けを多用したそうです。その影響で李自珍は胡椒を好んだとされているのです。

後に眼病を患ったときに李自珍は胡椒の熱が悪影響を及ぼしたと判断して「胡椒断ち」をします。その結果病気はみごとに治ったそうです。

李自珍は熱性の食品を過剰摂取すると寒熱バランスが崩れることを自ら体験したわけです。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:HOT 温性

くり

くり

養胃健脾:脾、胃の機能を高めます。 補腎強筋:腎機能を高めます。 活血止血:血の巡りを改善し、血の滞りによる出血を止めます。

ライチ

ライチ

健脾養血:脾の働きを改善して血の生成を促進します。 理気消腫:気の巡りを整えむくみを解消します。 補心安神:心の働きを調整して心を落ち着けます。 陰虚証の人には不向きな食べ物です。 食べ過ぎると茘枝中毒になりますので大量に食べてはいけません。

マトン

マトン

温中健脾:脾の機能を活性化します。 補腎壮陽:腎陽を補います。 益気養血:気と血の生成を促進します。 感染症に罹患しているとき、熱証のときは控えたほうがよい食材です。

スターアニス

スターアニス

温中理気止痛:冷えによる痛みや気滞による痛みを解消する作用があります。 適量は3から6グラムです。

さくらんぼ

さくらんぼ

補中益気:脾などの働きを助けて気の生成を促します。 健脾和胃:脾胃の働きを調和させます。 去風除湿:風邪、湿邪を除きます。 補気、補血作用があるとする文献もあります。

鹿肉

鹿肉

気血を補う作用があります。 虚熱がある場合には不向きな食材です。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。