牡蠣

牡蠣の薬膳的な性質

薬膳的説明

滋陰養血:陰、血を補う作用があります。この作用により血虚による不眠症を改善します。

牡蠣について

牡蠣の旬は品種により異なります。一般的に流通している真牡蠣は産卵に備えて栄養を蓄える冬が旬になります。日本海側で多く養殖されている岩牡蠣は産卵期が夏なので夏が旬になります。

牡蠣の「牡」の字は雄を表す漢字です。昔の中国では牡蠣には雄しかいないと信じられていたので、この字が使われているそうです。中国語では「蠣」だけでも牡蠣を表します。また海蠣という呼び方もあります。

◆海蠣干

中国には「海蠣干」という牡蠣の乾物があります。冬に牡蠣を乾燥させた保存食です。乾物にすることで旨味が凝縮するので生にはない味が出ます。

牡蠣粥を作るときには生の牡蠣よりも海蠣干を使うほうが旨味が出ます。ただし海蠣干を使うときには注意が必要です。

先ずよく洗うこと。乾物の段階でブラシを使って表面の砂や汚れを落とします。その後ぬるま湯で戻しながらさらに汚れを落とします。

海蠣干は風が強い屋外で天日干しにして作られるので衛生面に細心の注意が必要なのです。丁寧に下準備をすれば極上の牡蠣粥が食べられますから、多少の手間を惜しむ理由など微塵もありませんよ。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:FLAT 平性

やまいも

やまいも

補脾養胃:脾胃の働きを促進します。 生津益肺:肺の働きを促進します。 補腎渋精:腎の働きを促進し、精を保ちます。 先天の本(腎)と後天の本(脾)、さらに大気から気を取り込む肺の働きを促進することで生命エネルギーを多角的に充実させる作用があります。

クコ

クコ

補腎益精:腎陰虚の諸症状を改善します。 養肝明目:肝陰虚の諸症状を改善します。 適量は最大12グラムです。 クコは薬膳にはよく使われる肝腎の陰を補う食材です。補陽とのバランスを考えながら用いるとよいでしょう。

黒ゴマ

黒ゴマ

補肝腎:陰を補うことにより肝腎の機能を促進する。 益精血:腎精、血を補います。 潤腸燥:燥性の腸のトラブルを改善します。

じゃがいも

じゃがいも

健脾利湿:じゃがいもの功能は健脾利湿です。脾の機能を高めるには最適の食品です。 寛腸通便:便秘解消作用もあります。 利水消腫:むくみ解消の効果も期待できます。 現代医学の観点からは、寛腸通便と利水消腫はじゃがいもに含まれる食物繊維とカリウムの作用だと言われています。 健脾は漢方独特の概念なので理解しづらいですが、消化器系の働きを助ける働きだと考えればよいでしょう。

牛肉

牛肉

補脾胃:食欲不振を改善します。 益気血:気血を補います。 強筋骨:筋骨を強壮にし、腰や膝の痛みを改善します。

にんじん

にんじん

下気補中:気の巡りを整えます。特に上昇しすぎる気の働きを抑制する作用があります。 健胃消食:消化促進作用、腹の張りを改善する作用があります。 サーマルタイプは文献により微温または平ですが、現在は平と考えてよいでしょう。 旬は秋から冬です。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。