牡蠣

牡蠣の薬膳的な性質

薬膳的説明

滋陰養血:陰、血を補う作用があります。この作用により血虚による不眠症を改善します。

牡蠣について

牡蠣の旬は品種により異なります。一般的に流通している真牡蠣は産卵に備えて栄養を蓄える冬が旬になります。日本海側で多く養殖されている岩牡蠣は産卵期が夏なので夏が旬になります。

牡蠣の「牡」の字は雄を表す漢字です。昔の中国では牡蠣には雄しかいないと信じられていたので、この字が使われているそうです。中国語では「蠣」だけでも牡蠣を表します。また海蠣という呼び方もあります。

◆海蠣干

中国には「海蠣干」という牡蠣の乾物があります。冬に牡蠣を乾燥させた保存食です。乾物にすることで旨味が凝縮するので生にはない味が出ます。

牡蠣粥を作るときには生の牡蠣よりも海蠣干を使うほうが旨味が出ます。ただし海蠣干を使うときには注意が必要です。

先ずよく洗うこと。乾物の段階でブラシを使って表面の砂や汚れを落とします。その後ぬるま湯で戻しながらさらに汚れを落とします。

海蠣干は風が強い屋外で天日干しにして作られるので衛生面に細心の注意が必要なのです。丁寧に下準備をすれば極上の牡蠣粥が食べられますから、多少の手間を惜しむ理由など微塵もありませんよ。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:FLAT 平性

チーズ

チーズ

補肺潤腸:肺や腸に潤いを与えます。 養陰止渇:陰を補い渇きを癒します。肌の乾燥や痒みを改善する働きもあります。

米

補中益気:脾の働きを促進して気の生成を助ける作用があります。 コメのサーマルタイプは文献によって微寒から熱まで幅があります。また産地による区別や新米と古米による区別を記している文献もあります。現在の中国ではおおむね平性として扱われているようです。

鶏卵

鶏卵

鶏卵は黄身と白身で薬膳的な効能が違います。通常は一緒に食べることが多いので両者の性質を合わせたものが鶏卵の薬膳的な効能になります。 黄身:サーマルタイプは温性 滋陰安神:陰を補い精神を落ち着かせる作用があります。 白身:サーマルタイプは涼性 補気潤肺:気を補い肺を潤します。 清熱解毒:熱によるトラブルを改善します。

さば

さば

滋補強壮:体力を回復させる作用があります。日本語の滋養強壮と同じような意味です。 中国ではサバは一般的な食材ではなかったので薬膳的な評価が細部まで定まっていません。何らかの「補」の働きがあることは間違いありませんが、それが補気なのか補血なのか、あるいは別の作用なのか明らかにされていないようです。

はちみつ

はちみつ

滋養潤燥:からだに潤いを与える作用があります。

蜜棗

蜜棗

補益脾胃:脾、胃の働きを促進します。 滋養陰血:陰、血を補います。 養心安神:心血を補い精神を安定させます。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。