緑豆(リョクトウ)

緑豆(リョクトウ)の薬膳的な性質

薬膳的説明

清熱解毒:からだの悪い熱を除きます。
利水:排尿を促す働きがあります。

清熱作用は緑の皮の功能で、解毒作用は実質部分の功能だと解説する文献もあります。

緑豆(リョクトウ)について

緑豆はインド原産の豆です。中国では2000年以上前から栽培されているそうです。日本では緑豆は一般的な食材とまではいえませんが、実はモヤシの原料として消費されています。

モヤシの薬膳的な効能は緑豆とほぼ同じです。また緑豆モヤシには酒の毒を解毒する作用があるとされています。

緑豆は中国でもモヤシの原料に使われていますが、家庭で使う食材としてもさまざまな料理に利用されています。

炊き込みごはんや粥に加えるのは定番です。また餡に加工して菓子の材料としても使われます。日本では餡といえばアズキ餡が一般的ですが、中国では緑豆の餡はアズキの餡と同じくらいポピュラーです。

緑豆の餡は月餅などの中に入れるだけではなく、ひと口大に整形してそのまま食べることもあります。

緑豆は応用範囲の広い食材ですが、体を冷ます作用があるので虚寒証の人には向かない食材であるとされています。特に脾胃虚寒(下痢気味の人などに多い)の場合には気を付けましょう。

実熱証で赤いニキビがある人にはおすすめの食材です。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:COLD 涼性

ほうれんそう

ほうれんそう

養血止血:血を補い出血性のトラブルを改善します。 斂陰潤燥:陰の漏れ出しを防ぎ燥性のトラブルを改善します。

たけのこ

たけのこ

滋陰養血:陰、血を補います。 清熱化痰:病理物質「痰」を除去します。 利尿通便:排泄を促します。 この他にも消食、明目、益気などさまざまな効能があるとされています。

トマト

トマト

生津止渇:のどの渇きを癒します。 健胃消食:胃の働きを促進します。

にがうり

にがうり

清熱解毒:からだの悪い熱を除去する作用があります。

りんご

りんご

生津潤肺:燥性の肺のトラブルを改善する。 除煩解暑:暑さを払う。 開胃  :食欲増進。 止瀉  :下痢止め。 醒酒  :酔い覚まし。 補気作用があるとする文献もあります。

ごぼう

ごぼう

ゴボウは「牛蒡根」という名前の漢方薬にもなる野菜です。 ゴボウはには清熱解毒の効能があります。のどの痛み、はれ物、湿疹のような熱によるトラブルを改善します。 さらに疏風利咽の効能もあります。いわゆるカゼのうち「風熱感冒」といわれるタイプのものに効果があります。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。