ダイズ

ダイズの薬膳的な性質

薬膳的説明

健脾寛中:気の流れを促進し、脾の機能を高めます。
潤燥消水:潤いを増やしつつ余計な水分を除きます。

食べ過ぎると津液過剰となり病理物質である「痰」を生じるとする文献もあります。

ダイズについて

大豆そのものは食べ過ぎると「張気(腹が張る)」が起きやすいとされています。健脾作用があるにもかかわらず、脾胃が弱っているときは控えたほうがよいとされています。

エダマメは若い大豆です。功能や体への影響は大豆と同じだと考えてよいでしょう。

◆大豆もやし

大豆もやしにはイボをとる作用があると言われています。

最低限度の味付け(少量の塩などを使って食べられる限界の薄味にする)で大豆もやしスープを作り、3日のあいだ穀類と油を断ち、毎食そのスープを飲むという「イボ取り療法」があるそうです。

◆豆乳

中国では豆乳の利用も盛んです。そのまま飲むことも多いのですが、料理に使うこともあります。

例えば豆乳、もち米、氷砂糖で作る「豆乳粥」は高齢者の保健食品として知られています。

大豆の皮は便秘薬になります。1日3回、1回30グラムを用いることになっています。大豆の皮だけを集めるのは大変ですが「おから」で代用できると思われます。

豆腐については豆腐のページをご覧ください。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:COLD 涼性

ほうれんそう

ほうれんそう

養血止血:血を補い出血性のトラブルを改善します。 斂陰潤燥:陰の漏れ出しを防ぎ燥性のトラブルを改善します。

柿

潤肺生津:燥性の肺のトラブルを改善します。

芹菜

芹菜

基本的な効能は平肝清熱です。ですから漢方薬として使う場合は肝陽上亢の治療に使います。 このほかにも去風利湿、除煩消腫、涼血止血、解毒宣肺、健胃利血、清腸利便、潤肺止咳の効能があります。 功能の細部をおぼえるよりも「瀉の作用を幅広くもつ野菜」と考えておけばよいでしょう。

ごぼう

ごぼう

ゴボウは「牛蒡根」という名前の漢方薬にもなる野菜です。 ゴボウはには清熱解毒の効能があります。のどの痛み、はれ物、湿疹のような熱によるトラブルを改善します。 さらに疏風利咽の効能もあります。いわゆるカゼのうち「風熱感冒」といわれるタイプのものに効果があります。

そば

そば

健脾消積:脾の働きを強め滞りを解消します。 下気寛腸:気の下降を促進して腸の詰まりを解消します。 ソバには健脾作用がありますが寒性で気の下降を促すため、脾胃虚寒証の人(下痢の傾向がある人などに多い)には向かない食材であるとされています。

いちじく

いちじく

潤肺止咳:燥性の咳を止める作用があります。 清熱潤腸:熱と燥による便秘を改善する働きがあります。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。