小豆(アズキ)

小豆(アズキ)の薬膳的な性質

薬膳的説明

利水除湿:余計な水分、湿を除去します。
和血排膿:血の巡りを改善し膿の排出を促します。

アズキのサーマルタイプは文献によって温から微寒まで幅があります。現在の中国ではおおむね平性と考えられているようです。

小豆(アズキ)について

アズキは利水除湿の漢方薬としても使われています。むくみや水太りを改善する作用があります。

漢方薬として使われるだけあって、アズキの利水作用はかなり強いとされています。ですから津液が不足している場合や血虚証の人には適していません。

この点については歴代の名医が警鐘を鳴らしています。除湿や利水の薬膳は美容(減肥)目的で紹介されることが多いので注意が必要です。

◆使い分け

中国ではアズキの品種によって効果に差があると言われています。大粒のアズキよりも小粒のアズキのほうが効くと言われています。

この知識を生かして利水目的の場合には小粒のアズキを使い、瀉の作用を強調したくない場合は大粒のアズキを選べばよいわけです。

なお中国語ではアズキは紅豆、赤豆、紅小豆、赤小豆などと書きますが、同じ字を使いながら別の植物のタネを意味することもあります。

中華圏にお住まいの方は文字だけではなく現物をよく見て買い求めて下さい。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:FLAT 平性

鶏卵

鶏卵

鶏卵は黄身と白身で薬膳的な効能が違います。通常は一緒に食べることが多いので両者の性質を合わせたものが鶏卵の薬膳的な効能になります。 黄身:サーマルタイプは温性 滋陰安神:陰を補い精神を落ち着かせる作用があります。 白身:サーマルタイプは涼性 補気潤肺:気を補い肺を潤します。 清熱解毒:熱によるトラブルを改善します。

さば

さば

滋補強壮:体力を回復させる作用があります。日本語の滋養強壮と同じような意味です。 中国ではサバは一般的な食材ではなかったので薬膳的な評価が細部まで定まっていません。何らかの「補」の働きがあることは間違いありませんが、それが補気なのか補血なのか、あるいは別の作用なのか明らかにされていないようです。

蜜棗

蜜棗

補益脾胃:脾、胃の働きを促進します。 滋養陰血:陰、血を補います。 養心安神:心血を補い精神を安定させます。

クコ

クコ

補腎益精:腎陰虚の諸症状を改善します。 養肝明目:肝陰虚の諸症状を改善します。 適量は最大12グラムです。 クコは薬膳にはよく使われる肝腎の陰を補う食材です。補陽とのバランスを考えながら用いるとよいでしょう。

米

補中益気:脾の働きを促進して気の生成を助ける作用があります。 コメのサーマルタイプは文献によって微寒から熱まで幅があります。また産地による区別や新米と古米による区別を記している文献もあります。現在の中国ではおおむね平性として扱われているようです。

キャベツ

キャベツ

サーマルタイプはフラットですが清熱作用があります。また止痛作用があります。 キャベツには睡眠の質を改善する作用があるとされています。具体的には眠りが浅い、よく夢を見る、居眠りしやすいなどの症状を改善する作用があります。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。