黒ゴマ

黒ゴマの薬膳的な性質

薬膳的説明

補肝腎:陰を補うことにより肝腎の機能を促進する。
益精血:腎精、血を補います。
潤腸燥:燥性の腸のトラブルを改善します。

黒ゴマについて

ゴマは漢の時代には中国に伝わっていました。『後漢書』によると霊帝は胡餅を好んだそうです。

胡餅というのはゴマせんべいを薄くしたような食べ物です。皇帝の好物ということで大流行し、都の一般庶民も好んで食べていたようです。

◆胡麻糊

中国には日本ではあまり見かけない食べ方として「胡麻糊」というものがあります。これはゴマのペーストに他の食材や甘みを加えた食べ物です。

通常胡麻を大量に食べることはありませんが、胡麻糊にすると小さなお椀一杯分くらいの量を一度に食べることになります。

ゴマをパラパラ振ったくらいでは薬膳的な意味はほとんどありませんが、お椀一杯分ともなるとゴマの効能が生きてきます。

クルミのペーストやピーナツのペーストなどを混ぜることによって、薬膳的な効能を変化させることもできます。

ペーストの種類もトッピングの種類も豊富なので、胡麻糊のバリエーションだけでさまざまな薬膳を作ることができます。

フードプロセッサを使えば胡麻ペーストもクルミペーストも自作できるので、時間に余裕があるときにでも胡麻糊を作ってみてはいかがでしょうか。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:FLAT 平性

プラム(スモモ)

プラム(スモモ)

プラムのサーマルタイプは文献により温から寒まで幅があります。 功能は清熱、生津、利水のほか、益気、活血作用があるとする文献もあります。 補と瀉の作用を併せ持つ食材です。

牛肉

牛肉

補脾胃:食欲不振を改善します。 益気血:気血を補います。 強筋骨:筋骨を強壮にし、腰や膝の痛みを改善します。

さば

さば

滋補強壮:体力を回復させる作用があります。日本語の滋養強壮と同じような意味です。 中国ではサバは一般的な食材ではなかったので薬膳的な評価が細部まで定まっていません。何らかの「補」の働きがあることは間違いありませんが、それが補気なのか補血なのか、あるいは別の作用なのか明らかにされていないようです。

にんじん

にんじん

下気補中:気の巡りを整えます。特に上昇しすぎる気の働きを抑制する作用があります。 健胃消食:消化促進作用、腹の張りを改善する作用があります。 サーマルタイプは文献により微温または平ですが、現在は平と考えてよいでしょう。 旬は秋から冬です。

しろきくらげ

しろきくらげ

補肺益気:肺の機能を促進して気を充実させます。 養陰潤燥:陰を補い潤いを保ちます。

豚肉

豚肉

滋陰潤燥:陰を補う作用があります。 サーマルタイプは寒とする文献もあります。 補気、補血の効能があるとする文献もあります。 補陰の作用があるので過剰な摂取は痰などの病理物質への変化につながるとされています。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。