ヨクイニン

ヨクイニンの薬膳的な性質

薬膳的説明

健脾除湿:脾の機能を高め、湿を除去します。

清熱排膿:悪い熱をとり、膿の排出を促します。

漢方的には肌のコンディションを改善(イボ取りなど)するために使われることが多い薬です。一度に大量に食べても効果は期待できません。少しずつ長く続けることで効果が現れます。長く続けるにはヨクイニン粥がおすすめです。

なお中国では「孕婦慎用」とされていますから妊娠中の女性は気をつけてください。

◆ヨクイニンと便秘

薬膳(漢方)理論によるとヨクイニンは便秘の人には向かない食材です。ヨクイニンは漢方的な意味での水分を減らす働きをもつ薬だからです。

水分(津液)が不足すると直接(津液不足)、間接(血虚便秘)に便秘の原因になります。ですから便秘の患者さんにはヨクイニンを用いないのが基本です。本によっては忌食とされています。

どうしてもヨクイニンを使いたいときは便秘を予防するための食材をブレンドするとよいのですが難易度が高いです。

現在便秘の人やヨクイニンを食べ始めてから便秘になった場合は体のコンディションに合っていません。

ヨクイニンについて

ヨクイニンはハトムギとも呼ばれる食品です。中国では漢方薬としてもよく使われています。

食品としてヨクイニンを用いる場合は調理に時間がかかることを覚悟しなければなりません。

少なくとも3時間は水に漬けてから調理します。そうしないと柔らかく仕上げることが難しいからです。

中国ではヨクイニンを調理するときは前日から水に漬けておくとよいとされています。十分に水を吸わせると調理しやすくなります。

◆炒めヨクイニン

ヨクイニンは涼性ですが炒めることで体を冷ます作用を緩和することができます。健脾の目的でハトムギを用いるときは炒めたヨクイニンを使うとよいでしょう。

◆薏米糖水

ヨクイニンは粥やスープに入れるのが一般的ですがスイーツの素材にもなります。

一番シンプルなのは薏米糖水です。薏米糖水はヨクイニンを柔らかくなるまで煮て、仕上げに砂糖を加えるだけのスイーツです。

素朴ですがかなりおいしい一品です。ヨクイニンが手元にあるなら一度は試してみたいスイーツです。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:COLD 涼性

だいこん

だいこん

化痰熱:病理物質「痰」の蓄積による熱証を改善します。 下気寛中:気の過剰な上昇傾向を抑制して気の巡りを改善します。

緑豆(リョクトウ)

緑豆(リョクトウ)

清熱解毒:からだの悪い熱を除きます。 利水:排尿を促す働きがあります。 清熱作用は緑の皮の功能で、解毒作用は実質部分の功能だと解説する文献もあります。

ほうれんそう

ほうれんそう

養血止血:血を補い出血性のトラブルを改善します。 斂陰潤燥:陰の漏れ出しを防ぎ燥性のトラブルを改善します。

りんご

りんご

生津潤肺:燥性の肺のトラブルを改善する。 除煩解暑:暑さを払う。 開胃  :食欲増進。 止瀉  :下痢止め。 醒酒  :酔い覚まし。 補気作用があるとする文献もあります。

きゅうり

きゅうり

清熱利水:からだの悪い熱を取り除く作用があります。

小麦

小麦

養心除煩:心の働きを整えます。 健脾益腎:脾や腎の働きを改善します。 除熱止渇:熱による渇きを改善します。 小麦のサーマルタイプは文献により異なります。 収穫直後と長期保存後のサーマルタイプを区別する例もあります。また小麦の部位によってサーマルタイプを区別する例もあります。 『本草綱目』によると収穫直後の小麦は温性で時間が経つと平性になります。 また別の本草書によると小麦の白い部分は熱性で皮の部分は寒性です。同じ小麦粉でも真っ白な小麦粉は熱性、全粒粉は平性、ふすま粉は寒性ということになります。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。