びわ

びわの薬膳的な性質

薬膳的説明

潤肺止渇下気:燥熱性の肺のトラブルを改善し、渇きを癒し、上昇性の気の過剰な動きを抑制します。

びわについて

宋代の本草書の中に「枇杷という名は葉の形が楽器の琵琶に似ていることからつけられた」と記録されています。人工物である楽器の名前が自然物である植物の名前の由来になっているのはちょっと意外ですね。

中国では枇杷はそのまま食べるだけではなくさまざまな加工品になります。

先ず生で食べる場合の注意として完熟したもの以外は食べてはならないとされています。完熟していない枇杷の実には酸味があり、この酸味が脾の機能を低下させるとされているからです。

◆枇杷膏

漢方の世界で枇杷といえば「枇杷膏」が有名です。枇杷膏は肺をケアする水あめ状の甘い漢方薬です。市販品もありますが薬膳ファンなら一度は自作してみたい民間薬です。

枇杷膏には決定版となるレシピはありません。それどころか枇杷膏の「枇杷」に何を使うかも決まっていないのです。

枇杷の葉を使うレシピもあれば、枇杷の実を使うレシピもあります。日本の環境では枇杷の実を使うレシピのほうが挑戦しやすいでしょう。

最もシンプルなレシピは枇杷の実と砂糖だけで作ります。ジャムを作る要領です。果肉を残してジャムのような仕上がりにする方法と、濾してジュースだけを煮詰めて作る方法があります。

やや本格的なレシピになると貝母(ばいも)という漢方薬が加わります。ただし貝母は有毒な薬なので、貝母を使うなら専門家のアドバイスが必要です。

市販品にはさらに複数の漢方薬が加わります。薬膳の延長線上で枇杷膏を作る場合は、いろいろなものを混ぜるよりも枇杷そのものの功能を生かすレシピのほうがわかりやすいと思いますし、それで十分だと思います。

枇杷の季節になったら秋に備えて枇杷膏を作る。そういうイベントを楽しむところにこそ薬膳の神髄があるわけです。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:COLD 涼性

コーリャン

コーリャン

滋陰養血:陰、血を補う作用があります。この作用により虚熱を改善します。 健脾和胃:脾、胃の機能を促進し、調和させる働きがあります。

いちじく

いちじく

潤肺止咳:燥性の咳を止める作用があります。 清熱潤腸:熱と燥による便秘を改善する働きがあります。

芹菜

芹菜

基本的な効能は平肝清熱です。ですから漢方薬として使う場合は肝陽上亢の治療に使います。 このほかにも去風利湿、除煩消腫、涼血止血、解毒宣肺、健胃利血、清腸利便、潤肺止咳の効能があります。 功能の細部をおぼえるよりも「瀉の作用を幅広くもつ野菜」と考えておけばよいでしょう。

きゅうり

きゅうり

清熱利水:からだの悪い熱を取り除く作用があります。

緑豆(リョクトウ)

緑豆(リョクトウ)

清熱解毒:からだの悪い熱を除きます。 利水:排尿を促す働きがあります。 清熱作用は緑の皮の功能で、解毒作用は実質部分の功能だと解説する文献もあります。

緑茶

緑茶

清頭目:目や頭をスッキリさせます。 除煩渇:渇きを癒します。 化痰 :病理物質「痰」を除去します。 消食 :消化を促進します。 利尿 :尿の排泄を促します。 清熱解毒:からだの悪い熱を取り除きます。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。