だいこん

だいこんの薬膳的な性質

薬膳的説明

化痰熱:病理物質「痰」の蓄積による熱証を改善します。
下気寛中:気の過剰な上昇傾向を抑制して気の巡りを改善します。

だいこんについて

だいこんの旬は品種によって異なります。
春の七草の「すずしろ」は大根のことです。

中国では大根は健康食品のひとつに数えられています。「大根の季節になれば薬屋はいらなくなる」とのことわざがあるくらいです。
大根のタネは漢方薬の莱服子(らいふくし)です。莱服は大根を意味します。莱服子の功能は行気健胃、消食化痰です。

清の時代、西太后が病に倒れ、宮廷医の治療がうまく行かないということがあったそうです。中国の医学史にはよくある話なのですが、こういう場合には民間の医者に「誰か治せるものはいないか?」とお触れが出ます。

そのお触れに応えた民間の医者が少量の莱服子を処方したところ西太后の病気は治ってしまったのです。喜んだ西太后はその医師に紅頂子を与えたと言われています。

清の時代には官僚の帽子の頂点に飾る宝石の色が階位を表していました。紅頂子は最高の階位を表します。

このエピソードは「ほんの少しの大根のタネで最高の地位を得た(三銭莱服子換个紅頂子)」話として中医の世界では有名です。

タネではなく大根にも似た効能があり、特に小麦粉から作られた食品の食べ過ぎによる体調不良を改善する働きがあります。

小麦粉の食品を食べるなら必ず大根を食すべし(麺食必啖莱服)という言葉があるくらいです。大根おろしと麺類の相性は薬膳的には最高ということになりますね。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:COLD 涼性

にがうり

にがうり

清熱解毒:からだの悪い熱を除去する作用があります。

小麦

小麦

養心除煩:心の働きを整えます。 健脾益腎:脾や腎の働きを改善します。 除熱止渇:熱による渇きを改善します。 小麦のサーマルタイプは文献により異なります。 収穫直後と長期保存後のサーマルタイプを区別する例もあります。また小麦の部位によってサーマルタイプを区別する例もあります。 『本草綱目』によると収穫直後の小麦は温性で時間が経つと平性になります。 また別の本草書によると小麦の白い部分は熱性で皮の部分は寒性です。同じ小麦粉でも真っ白な小麦粉は熱性、全粒粉は平性、ふすま粉は寒性ということになります。

ほうれんそう

ほうれんそう

養血止血:血を補い出血性のトラブルを改善します。 斂陰潤燥:陰の漏れ出しを防ぎ燥性のトラブルを改善します。

びわ

びわ

潤肺止渇下気:燥熱性の肺のトラブルを改善し、渇きを癒し、上昇性の気の過剰な動きを抑制します。

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツ

清熱潤肺:燥熱による肺のトラブルを改善します。

りんご

りんご

生津潤肺:燥性の肺のトラブルを改善する。 除煩解暑:暑さを払う。 開胃  :食欲増進。 止瀉  :下痢止め。 醒酒  :酔い覚まし。 補気作用があるとする文献もあります。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。