キャベツ

キャベツの薬膳的な性質

薬膳的説明

サーマルタイプはフラットですが清熱作用があります。また止痛作用があります。

キャベツには睡眠の質を改善する作用があるとされています。具体的には眠りが浅い、よく夢を見る、居眠りしやすいなどの症状を改善する作用があります。

キャベツについて

夏や冬に収穫されるキャベツもありますので春が旬とは限りません。

中華料理の歴史の中ではキャベツはかなり新しい野菜です。日本では回鍋肉(ホイコーロー)にはキャベツが使われるのが常識ですが、中国では意外にもキャベツを使わないことが多いのです。

炒め物との相性がよいことは間違いないので、爆炒(強火で短時間で炒める)する料理の具材として使われることが多いようです。

また細かく刻んで餃子の餡として使われることもあります。肉の割合が多い餡よりもキャベツたっぷりのほうが食べやすい仕上がりになります。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:FLAT 平性

クコ

クコ

補腎益精:腎陰虚の諸症状を改善します。 養肝明目:肝陰虚の諸症状を改善します。 適量は最大12グラムです。 クコは薬膳にはよく使われる肝腎の陰を補う食材です。補陽とのバランスを考えながら用いるとよいでしょう。

にんじん

にんじん

下気補中:気の巡りを整えます。特に上昇しすぎる気の働きを抑制する作用があります。 健胃消食:消化促進作用、腹の張りを改善する作用があります。 サーマルタイプは文献により微温または平ですが、現在は平と考えてよいでしょう。 旬は秋から冬です。

牡蠣

牡蠣

滋陰養血:陰、血を補う作用があります。この作用により血虚による不眠症を改善します。

じゃがいも

じゃがいも

健脾利湿:じゃがいもの功能は健脾利湿です。脾の機能を高めるには最適の食品です。 寛腸通便:便秘解消作用もあります。 利水消腫:むくみ解消の効果も期待できます。 現代医学の観点からは、寛腸通便と利水消腫はじゃがいもに含まれる食物繊維とカリウムの作用だと言われています。 健脾は漢方独特の概念なので理解しづらいですが、消化器系の働きを助ける働きだと考えればよいでしょう。

しろきくらげ

しろきくらげ

補肺益気:肺の機能を促進して気を充実させます。 養陰潤燥:陰を補い潤いを保ちます。

蜜棗

蜜棗

補益脾胃:脾、胃の働きを促進します。 滋養陰血:陰、血を補います。 養心安神:心血を補い精神を安定させます。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。