アスパラガス

アスパラガスの薬膳的な性質

薬膳的説明

潤肺鎮咳:燥性の肺のトラブルを改善して咳を止めます。

アスパラガスについて

中国のアスパラガスは清朝末期に栽培が始まったといわれています。つまりアスパラガスは中華料理の長い歴史の中では非常に新しい野菜なのです。

ただし昨今の中国ではアスパラガスの生産量は急速に拡大し、一般的な食材のひとつになっています。

中国でも家庭で西洋風の料理を作るようになったのがひとつの原因ですが、伝統的な調理法と奇跡的に相性が良いのも原因のひとつでしょう。

中国人がどのようにアスパラガスを調理しているかを調べてみると、ベーコンと一緒に炒めるというような洋風の料理もパラパラとありますが、中華料理の具材として使われることが圧倒的に多いようです。

実際にアスパラガスは和え物、炒め物、スープなど、ほとんど全ての調理法とマッチします。

アスパラガスには際立った特徴やクセがありません。そのせいで応用範囲が宇宙的に広くなるのでしょう。

数年前に読んだ資料によりますと、アスパラガスの国別生産量は中国が首位だそうです。ものすごい勢いで消費が拡大しているわけです。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:COLD 涼性

緑豆(リョクトウ)

緑豆(リョクトウ)

清熱解毒:からだの悪い熱を除きます。 利水:排尿を促す働きがあります。 清熱作用は緑の皮の功能で、解毒作用は実質部分の功能だと解説する文献もあります。

ゆり根

ゆり根

養陰潤肺:陰を補い燥性の肺のトラブルを改善します。 清心安神:心の熱を鎮めて精神を落ち着けます。この作用により不眠を解消します。 ユリ根は肺をケアする食材というイメージが強いのですが、安神作用もあるので睡眠の質が悪い人にはおすすめの食材です。 心火による不眠を改善するにはユリ根だけではなく補血補陰の食材を積極的に使い、食事の総合的なサーマルタイプが涼性になるようにします。 現代の日本では潤肺作用よりも安神作用のほうが注目されるべきでしょう。肺の渇きよりもこころの渇きのほうが蔓延しているからです。

いちじく

いちじく

潤肺止咳:燥性の咳を止める作用があります。 清熱潤腸:熱と燥による便秘を改善する働きがあります。

緑茶

緑茶

清頭目:目や頭をスッキリさせます。 除煩渇:渇きを癒します。 化痰 :病理物質「痰」を除去します。 消食 :消化を促進します。 利尿 :尿の排泄を促します。 清熱解毒:からだの悪い熱を取り除きます。

だいこん

だいこん

化痰熱:病理物質「痰」の蓄積による熱証を改善します。 下気寛中:気の過剰な上昇傾向を抑制して気の巡りを改善します。

にがうり

にがうり

清熱解毒:からだの悪い熱を除去する作用があります。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。