ギュウニュウ

サーマルタイプ:平性

味:甘

帰経:心 肺 

功能:益肺脾、生津潤腸

薬膳的作用

牛乳のサーマルタイプは文献によっては涼性ですが、現在の中国では概ね平性と考えられています。

体力回復の効果がある食材ですが津液から変化した病理物質(湿・痰・飲)が貯留している人は「慎重に用いる」べきであるとされています。

参考情報

中国の古い文献には料理に牛乳を用いる例がたくさんあります。

牛乳には乾燥性のトラブルをケアする作用があるので、ある種の便秘(血虚便秘)を改善したい場合などには、料理にも使ってみるとよいでしょう。

上級者用情報

性味

别録:微寒

千金·食治:甘、微寒

唐本草:平

帰経

要薬分剤:心、肺

本草再新:肺、胃

功能主治

别録:”补虚赢,止渴下气。”

千金·食治:”入生姜、葱白,止小儿吐乳。补劳。”

本草拾遺:”黄牛乳,生服利人,下热气,冷补,润肌止渴;和蒜煎三、五沸食之,主冷气,痃癖,羸瘦。”

日華子本草:”润皮肤,养心肺,解热毒。”

滇南本草:”水牛乳,补虚弱,止渴,养心血,治反胃而利大肠。”

本草綱目:”治反胃热哕,补益劳损,润大肠,治气痢,除疸黄,老人煮粥甚宜。”

注意

脾胃虚寒作泻、中有痰湿積飲者慎服。

本草拾遺:”与酸物相反,令人腹中症结。”

本草経疏:”脾湿作泄者不得服。”

本草匯言:”膈中有冷痰积饮者,忌之。”

タイトルとURLをコピーしました