ライチ

ライチの薬膳的な性質

薬膳的説明

健脾養血:脾の働きを改善して血の生成を促進します。
理気消腫:気の巡りを整えむくみを解消します。
補心安神:心の働きを調整して心を落ち着けます。

陰虚証の人には不向きな食べ物です。
食べ過ぎると茘枝中毒になりますので大量に食べてはいけません。

ライチについて

ライチは楊貴妃が好んだフルーツとして有名です。楊貴妃は蜀(四川省)出身でライチが好きだったという記録がありますから、当時から四川省ではライチを食べていたようです。

ライチは熱帯の植物ですが四川省では栽培可能です。今でも栽培されています。しかし北方では育たないので長安の都でライチを食べるには遠路はるばる運送しなければなりません。

ライチは収穫すると日ごとに味が落ちるので、できるだけ早く運ばなければなりません。そのために運搬役の人も馬も死ぬことがあったとさえ言われています。

この楊貴妃とライチの話にはどろどろした政治的な解釈があります。

この話は唐王朝滅亡後に「唐の宮廷ではライチを食べるために人命を軽んじた」と宣伝し、後の王朝のほうが徳があると思い込ませるためのフェイク情報だという解釈です。

中国では「歴史」は事実でもなければ学問でもありません。まず第一に「政治」なのです。中国の伝統をわきまえている人ならこのブラックな解釈にも一理あると思われるでしょうね。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:HOT 温性

とうがらし

とうがらし

温中散寒:冷えによる腹部のトラブルを改善します。 健胃消食:食べすぎによる腹部の不快感を解消し食欲を増進します。 散寒除湿:寒邪を除き、病理物質である「湿」をデトックスします。

もも

もも

生津潤腸:潤いを与えて燥性の腸のトラブルを改善します。 活血消積:血の巡りを改善します。

鶏肉

鶏肉

温中益気:気を補う作用があります。 補精添髄:精、髄を補う作用があります。強壮作用があると考えればよいでしょう。 鶏肉のサーマルタイプは文献によって熱から微寒までかなりの幅がありますが、功能から逆算して温性であると考えればよいでしょう。 古い文献でサーマルタイプが一定しないのは、生育環境やエサによって鶏肉のサーマルタイプが変化することを示唆しています。

なつめ

なつめ

補中益気:気を補う作用があります。 養血安神:血を補い精神を落ち着かせる作用があります。

マトン

マトン

温中健脾:脾の機能を活性化します。 補腎壮陽:腎陽を補います。 益気養血:気と血の生成を促進します。 感染症に罹患しているとき、熱証のときは控えたほうがよい食材です。

にら

にら

補腎:腎陽を補います。 温中行気:気の巡りを改善します。 ニラの功能は文献によって様々です。体を温め気の巡りを改善すると覚えておけばよいでしょう。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。