シナモン

シナモンの薬膳的な性質

薬膳的説明

温腎壮陽:腎陽の不足による諸症状を改善します。
温中散寒:冷えによる腹部の諸症状を改善します。
温経止痛:冷えによる痛みを改善します。
この他にも活血作用があるとされています。このため冷えによる生理痛もブラスタによる生理痛も改善する作用があります。
量は最大でも5グラムまで。
次のような場合は控えたほうがよいとされています。
 妊娠中の女性
 痔
 便秘

シナモンについて

桂皮は文献によっては「小毒」とされています。大量または長期に用いるには適していません。

桂皮とシナモンは厳密には異なる植物から作られますが、薬膳的には同じものと考えてよいでしょう。シナモンと表示されているものが桂皮である場合もあります。

強いて違いを言えばシナモンのほうが香りがマイルドです。ただし比べてみなければわからないくらいの違いです。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:HOT 温性

ライチ

ライチ

健脾養血:脾の働きを改善して血の生成を促進します。 理気消腫:気の巡りを整えむくみを解消します。 補心安神:心の働きを調整して心を落ち着けます。 陰虚証の人には不向きな食べ物です。 食べ過ぎると茘枝中毒になりますので大量に食べてはいけません。

なつめ

なつめ

補中益気:気を補う作用があります。 養血安神:血を補い精神を落ち着かせる作用があります。

サーモン

サーモン

健脾胃:脾、胃の働きを改善して体力を高める作用があります。

スターアニス

スターアニス

温中理気止痛:冷えによる痛みや気滞による痛みを解消する作用があります。 適量は3から6グラムです。

ざくろ

ざくろ

生津止渇:ざくろは温性ですが補陰作用がある食材です。ざくろの補陰作用は陽に拮抗して熱を冷ます作用ではなく、体に潤いを与える作用です。口や喉の渇きを癒す働きもあります。 収斂固渋:ざくろには収斂作用があるので出血性のトラブルや下痢などを改善する作用があります。 1日の適量は1個。 ざくろは果実だけではなく植物全体が漢方薬になる薬の木です。 例えば花には止血、葉には潤燥、皮には駆虫などの効能があります。どの部位にも共通して収斂作用があるとおぼえておけばほぼ間違いないと思って下さい。

にら

にら

補腎:腎陽を補います。 温中行気:気の巡りを改善します。 ニラの功能は文献によって様々です。体を温め気の巡りを改善すると覚えておけばよいでしょう。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。