にんにく

にんにくの薬膳的な性質

薬膳的説明

行気消積:気滞を解消する作用があります。
さらに食欲増進作用があるとされています。

陰虚火旺、目・のど・口腔内の疾病がある場合は不向きな食材です。

にんにくについて

ニンニクは強壮作用のある健康食品だと考えられています。これは薬膳理論というよりは一般常識と言ってよいでしょう。このようにあまりにも世俗化した評判があるために中国ではニンニクの評価が反って低いのです。

2012年の話ですが中国のお笑い界の大御所が口にした「珈琲大蒜論」は中国人のニンニクに対する潜在意識を炙り出しました。

珈琲大蒜論はコーヒーとニンニクについてのちょっとした発言です。具体的には「ニンニクを食べるようなやつとコーヒーを飲む人間が一緒にいられるわけないだろう」という言葉でした。

これを聞いた人は「コーヒーを飲む人」は上海人であり「ニンニクを食べるやつ」は北方の中国人だと解釈しました。そして上海人はオシャレで北方の中国人はダサいという「意味」を感じ取った中国人たちから一斉に批判されたのです。

なぜコーヒーとニンニクが対比されたのか。そこがポイントです。コーヒーがオシャレな感覚と生活を象徴するのであれば、それと相容れないとされたニンニクの立場は?

中国人の食文化に深く浸透しているニンニクに対して中国人は心のどこかで「うまいけどダサい」という感覚を持っているようなのです。

もうひと回りすると「うまいけどダサいと言われているものをハッキリうまいというのがカッコいい」時代になると思います。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:HOT 温性

ながねぎ

ながねぎ

発汗解表:解表作用があります。 通陽  :経絡に陽気を通す作用があります。 利尿  :尿の排泄を促す作用があります。

スターアニス

スターアニス

温中理気止痛:冷えによる痛みや気滞による痛みを解消する作用があります。 適量は3から6グラムです。

シナモン

シナモン

温腎壮陽:腎陽の不足による諸症状を改善します。 温中散寒:冷えによる腹部の諸症状を改善します。 温経止痛:冷えによる痛みを改善します。 この他にも活血作用があるとされています。このため冷えによる生理痛もブラスタによる生理痛も改善する作用があります。 量は最大でも5グラムまで。 次のような場合は控えたほうがよいとされています。  妊娠中の女性  痔  便秘

コショウ

コショウ

温中下気:中焦(脾、胃など)を温め、気の過剰な上昇傾向を抑制します。 消痰解毒:病理物質「痰」をデトックスする作用があります。

かぼちゃ

かぼちゃ

補中益気:脾の働きを高め気を補う作用があります。病後の体力回復などに適した食材です。 かぼちゃの旬は秋から冬です。

さくらんぼ

さくらんぼ

補中益気:脾などの働きを助けて気の生成を促します。 健脾和胃:脾胃の働きを調和させます。 去風除湿:風邪、湿邪を除きます。 補気、補血作用があるとする文献もあります。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。