コーリャン

コーリャンの薬膳的な性質

薬膳的説明

滋陰養血:陰、血を補う作用があります。この作用により虚熱を改善します。
健脾和胃:脾、胃の機能を促進し、調和させる働きがあります。

コーリャンについて

コーリャンはモロコシとも呼ばれます。食品の原料としてしばしば目にするソルガムというのもコーリャンです。

中国の特に北方では産後の女性の体力回復のためにコーリャンの粥を食べる習慣があります。コーリャンの粥には朝鮮人参に匹敵する効果があるとされていて「代参湯」の別名があるほどです。

コーリャンは優れた保健食なのですが虚寒証の人には適していません。また杏仁との食べ合わせはよくないとされています。

また長期間食べ続けたり一度に大量に食べてはいけないとも言われています。中国人は体を冷やす食材の扱いには非常に神経質なのです。

優れた効能のある食材でも度を越してはいけない。この考え方は現代人が忘れがちな薬膳の基本的な教えです。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:COLD 涼性

なし

なし

生津潤燥:陰を補ない乾燥性のトラブルを改善します。 清熱化痰:痰熱を除去します。 解酒  :酒の毒を解毒します。 痰、熱、燥によるトラブルを改善することから肺の守り神とも言うべき食材です。

柿

潤肺生津:燥性の肺のトラブルを改善します。

小麦

小麦

養心除煩:心の働きを整えます。 健脾益腎:脾や腎の働きを改善します。 除熱止渇:熱による渇きを改善します。 小麦のサーマルタイプは文献により異なります。 収穫直後と長期保存後のサーマルタイプを区別する例もあります。また小麦の部位によってサーマルタイプを区別する例もあります。 『本草綱目』によると収穫直後の小麦は温性で時間が経つと平性になります。 また別の本草書によると小麦の白い部分は熱性で皮の部分は寒性です。同じ小麦粉でも真っ白な小麦粉は熱性、全粒粉は平性、ふすま粉は寒性ということになります。

なす

なす

清熱:からだの悪い熱を取り除きます。 活血止痛:血の巡りを改善し痛みを止めます。

ほうれんそう

ほうれんそう

養血止血:血を補い出血性のトラブルを改善します。 斂陰潤燥:陰の漏れ出しを防ぎ燥性のトラブルを改善します。

トマト

トマト

生津止渇:のどの渇きを癒します。 健胃消食:胃の働きを促進します。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。