あんず

あんずの薬膳的な性質

薬膳的説明

潤肺止咳:肺を潤し咳を止めます。
生津止渇:渇きを癒します。

あんずについて

中国伝統医学(中医)にはいくつかの代名詞があります。例えば「岐黄」という二文字があります。中国では「岐黄の術」と言えば医術を意味しますし「岐黄家」と言えば医者を意味します。もちろん「岐黄書」は医学書という意味です。

岐黄は中国医学の古典『黄帝内経』の中で対話する岐伯と黄帝の名前から来ています。

「杏林」も医学の代名詞です。杏林は3世紀に活躍した名医である董奉(とうほう)にまつわるエピソードに由来があります。

董奉は貧しい人からは診療代を受け取らなかったそうです。その代わりに重病が治った場合には5本、軽い病気が治った場合は3本の杏の苗を自宅の周囲に植えるように言っていたそうです。数年後には董奉の家の周囲には杏の林ができていました。

このエピソードから医学の代名詞として「杏林」が定着したわけです。中国では今でも「杏林春満」や「杏林春暖」は医者の徳を讃える言葉です。

◆杏仁

杏のタネは今でもよく使われる漢方薬の杏仁(きょうにん)ですから、董奉は薬の原料を確保する目的もあって杏を植えるように言ったのでしょう。

ちなみに杏仁は薬として優れていますが代表的な有毒薬でもありますから自作は控えたほうがよいでしょう。

また杏仁豆腐を作る時の杏仁と漢方薬の杏仁は違います。前者は甜杏仁と言い、後者は苦杏仁と言います。ですから漢方薬を使って杏仁豆腐を作ろうとすると悲劇しか起こりません。

中国語ができる人は甜杏仁をアーモンドだと思っているかもしれません。中国人ですらこのように考えている人もいます。

確かにアーモンドと杏は近縁の植物なのですが、アーモンドと甜杏仁は別物です。アーモンド業者がアーモンドを「大杏仁」と訳したせいで混同されてしまったのが真相です。

残念ながらアーモンドを使って杏仁豆腐をつくることもできないのです。

SPONSORED LINK

同じサーマルタイプの食材

サーマルタイプ:HOT 温性

ざくろ

ざくろ

生津止渇:ざくろは温性ですが補陰作用がある食材です。ざくろの補陰作用は陽に拮抗して熱を冷ます作用ではなく、体に潤いを与える作用です。口や喉の渇きを癒す働きもあります。 収斂固渋:ざくろには収斂作用があるので出血性のトラブルや下痢などを改善する作用があります。 1日の適量は1個。 ざくろは果実だけではなく植物全体が漢方薬になる薬の木です。 例えば花には止血、葉には潤燥、皮には駆虫などの効能があります。どの部位にも共通して収斂作用があるとおぼえておけばほぼ間違いないと思って下さい。

くるみ

くるみ

補腎固精:腎陽虚(の諸症状)を改善します。 温肺定喘:寒性の肺のトラブルを改善します。 補気養血:気血を補います。 熱証(実熱、虚熱双方)には不向きな食材です。

なつめ

なつめ

補中益気:気を補う作用があります。 養血安神:血を補い精神を落ち着かせる作用があります。

かぼちゃ

かぼちゃ

補中益気:脾の働きを高め気を補う作用があります。病後の体力回復などに適した食材です。 かぼちゃの旬は秋から冬です。

くり

くり

養胃健脾:脾、胃の機能を高めます。 補腎強筋:腎機能を高めます。 活血止血:血の巡りを改善し、血の滞りによる出血を止めます。

とうがらし

とうがらし

温中散寒:冷えによる腹部のトラブルを改善します。 健胃消食:食べすぎによる腹部の不快感を解消し食欲を増進します。 散寒除湿:寒邪を除き、病理物質である「湿」をデトックスします。

お仕事で使う

食品・飲料の生産者さんまたは輸入業者さんの中で、このウェブサイトに商品のPRを掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

PRの掲載は有料となります。からだによい食材をPRしたい方はFB経由で管理者にご連絡ください。