ケイラン

サーマルタイプ:平性

味:甘

功能:滋陰潤燥、補心寧神、養血安胎、解毒止痒

薬膳的作用

「本草綱目」によると卵白は微寒、卵黄は温性です。

卵白と卵黄を一緒に食べることによって全体のサーマルタイプが平性になるとされています。

ケイラン(鶏卵)は補陰食材ですから肌のコンディション維持などに効果を発揮しますが、体内に津液から変化した病理物質(痰・飲)が貯留している場合には病理物質を減らすことを優先的に考えるべきです。

上級者用資料

性味

薬対:平

薬性論:甘 微寒

本草便読:生凉、熟温

功能主治

本経:”主除热火疮、痫痉。”

薬性論:”治目亦痛。”

食療本草:”治大人及小儿发热、可取卵三颗、白蜜一合、相和服之。”

本草拾遺:”益气、多食令人有声。一枚以浊水搅、煮两沸、合水服之、主产后痢。和蜡作煎讲、与小儿食之、止痢。”

日華子本草:”镇心、安五藏、止惊、安胎。治怀妊天行热疾狂走、男子阴囊湿痒、及开声喉。醋煮、治久痢。和光粉炒干、止小儿疳痢、及妇人阴疮。和豆淋酒服、治贼风麻痹。”

日用本草:”治汤火疼痛。”

随息居飲食譜:”补血安胎、濡燥除烦、解毒息风、润下止逆。”

注意

随息居飲食譜:”多食动风阻气、诸外感及疟、疸、痞满、肝郁、痰饮、脚气、痘疮、皆不可食。”

タイトルとURLをコピーしました