自家製ベトナムハム&豚レバーペーストのバインミー

サーマルタイプ:温性

メイン食材:ベトナムハム、豚レバーペースト

薬膳的な効果

ブタニクのサーマルタイプは平性(体の熱バランスを変化させない)です。

ところがレバーに限って言えばサーマルタイプは温性(体を温める)なのです。

ブタニクとブタレバーのふたつが合わさると平+温で体をやや温める働きがあります。

ですから薬膳的には寒証(体が冷えている)の人に適したバインミーです。

ただし体を温める作用は非常に穏やかなので熱証(余計な熱がたまっている)の人が食べても問題はありません。

熱証の人が温性の料理を食べるときは1日の食事全体のサーマルタイプ(体の熱バランスへの影響)が涼性になるように別の食事でバランスをとるようにしましょう。

ブタニクにはさらに体を潤す働きがあります(滋陰潤燥)。

乾燥性(乾燥肌、髪のパサつきなど)のトラブルを改善するだけではなく生命エネルギーの一種である「陰」を充実させる効果もあります。

このメニューについて

なんとなんと!ハムもレバーも自家製です。

豚の香りを活かしながら手間暇かけて作るレバーペースト。

ベトナムハムは豚の舌、豚耳、豚皮、キクラゲなどのハムとベトナム風チャーシューなど3種類も!

ハムとレバーペーストの相性は抜群でベトナムでは定番のバインミーだとか。

アオサンズイチオシだそうです!

タイトルとURLをコピーしました