アボカド&シュリンプのバインミー

サーマルタイプ:温性

メイン食材:エビ、アボカド

薬膳的な効果

エビのサーマルタイプは温性(体を温める)です。

アボカドのサーマルタイプは涼性(体を冷ます)です。

このふたつの食材がメインのバインミーなので体の熱バランスに対する直接的な作用は平性(体の熱バランスを変えない)になります。

ただし薬膳理論による分析の結果温性に分類しました。

それはエビというスペシャル薬膳食材の効能と関係があります。

エビには補腎壮陽という効能があります。

これは簡単に言えばという生命エネルギーの一種を充実させる作用です。

体を温めたり体を成長させたりする生命エネルギーです。このエネルギーは病気や疲労や加齢などで弱まることがあります。

その弱まったエネルギーを充実させる作用をもつ食材は限られています。そんな貴重な食材のひとつがエビなのです。だからエビはスペシャル薬膳食材なのです。

このタイプの食材には体を温める自分自身の生命エネルギーを強化する働きがあるので、陽虚証(体力が弱ったせいで体が冷える)の人に適しています。

さらに新たな生命を生み出す力を強化する作用もあるので、妊活中のご夫婦(男女とも)にも適しています。

もちろん薬膳的には作用が強めの食材ですから一度に大量に食べてはいけません。

このバインミーには薬膳的に優れた点が他にもあるのですが、難しい理論の説明が必要なのでこのくらいにしておきます。

このメニューについて

アボカドと海老の黄金コンビ!

野菜感たっぷりで見るからにヘルシー。

オリジナルマヨネーズで全ての味が調和しています。

お肉が苦手な人のファーストチョイスはこれk

タイトルとURLをコピーしました